file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

漫画家なりたい。

キャラクターイラスト

数多くの出版社が、学校の徒歩圏内。
その立地を生かし、自分の作品が漫画雑誌の編集者の目に触れる機会が多くあります。
プロデビューに一番近い環境がここにはあります。

漫画家のプロへ

自分の生み出した作品で読者を感動させたり笑わせたりできるのが漫画家の魅力。初めて漫画を描く人も卒業後にプロへの道を歩んでいきます。

漫画家の仕事とは?

漫画作りは、全体のストーリー・キャラクター作り、世界観の設定から始まります。

設定・ストーリー等が決まったらネームと呼ばれる設計図を作成し、
その後、下書き・ペン入れ等の作業を経て漫画原稿は完成します。
漫画家は画力以外にもストーリー作りや画面を校正する力など多くの技術が必要になります。

仕事キーワード

漫画家/アシスタント/シナリオ作家/Webコミック/イラスト/アニメ原作 etc

[先生VOICE]表現する技術を身につけると大きな武器になります

漫画家になるための基本的な技術を教えています。漫画には、キャラクターやストーリー、セリフ回しに構図のセンスに加え、それらを表現する技術が必要です。その技術を身につける手助けをしたいと思っています。技術は身につけるまでに時間がかかりますが、一度身につけたら大きな武器になります。一緒にがんばりましょう。

栗田 あぐり先生

栗田 あぐり先生
マガジンspecialに読み切り「ライアーゾーン」が掲載されデビュー。月刊少年ライバルで小説“エースの系譜”のコミカライズを連載。最新作はゲッサンで連載された「片翼シャトル」

東京アニメーター学院専門学校の
漫画家育成カリキュラム

キャラクターイラスト

2年制

プロの漫画家をめざします。
道具の使い方など、絵を描くための基本をしっかり学び、自分の作品を完成させて、出版社の編集者に見てもらいます。

CURRICULUM

1年次科目
◆キャラクター描写
◆背景描写
◆ペン画実習
◆スクリーントーン実習
◆コマ構成
◆シナリオ術
◆漫画制作実習
◆デジタルコミック
2年次科目
◆プロット
◆ネーム実習
◆キャラクターデザイン
◆マンガデッサン
◆マンガ実践パース
◆デジタルコミック(モノクロ)
◆デジタルコミック(色彩技法)
◆アシスタント実習

POINT 01

漫画の基本基礎描写力を養う

基礎となる人体・石膏デッサンや風景描写、スケッチなどで描写力を養います。さらに人物描写では顔や眼・鼻・眉毛や表情とバランス・アングルなどを重点的に学習します。ほかにも、漫画制作に必要な用具や描写材料の実技研究・スクリーントーンの基本表現などを学びます。ペンは使っていくうちに①きれいな線が引ける②安定した軌道を描ける③「切っ先の見きり」など、素早く走るようなラインが引けるようになります。作品を制作する中で、染み込むようにペンは手に馴染んでいきます。あせらずじっくりと腕を磨いてください。

きれいな線が引けるように繰り返し練習する

きれいな線が引けるように繰り返し練習する

動物スケッチで描写力を養う

動物スケッチで描写力を養う

POINT 02

ストーリー構成キャラクター設定を学ぶ

基礎を学習しながら、小説・映画のストーリー構成の違いやキャラクターを制作する上でのアイディアの発想法などを学びます。それと共に透視図法や室内・建物の基本描写表現を踏まえた上での、街並や風景など実践的描写表現、特殊効果なども学んでいきます。ほかにもキャラクター対比表で、男女・老人・子供の描写の違いなど、段階を追って学習を進めていきます。

「零戦少年」を連載した葛西りいち先生

「零戦少年」を連載した葛西りいち先生

親睦と勉強を兼ねて、クラスみんなで映画を見にいく

親睦と勉強を兼ねて、クラスみんなで映画を見にいく

POINT 03

現場で役立つ実践的なテクニックを学ぶ

車やメカニックなど雲形定規を使っての作画を指導します。また、トーンワークの応用など、アシスタントに必要な技術や現場での対応など、実践的で役立つテクニックを学びます。制作した課題はアシスタント採用の面接や、投稿作品に使用できます。また在学中に、漫画家のアシスタント研修として現場に入ることもできます。

小学館「ちゃお」で連載中のくまき絵里先生

小学館「ちゃお」で連載中のくまき絵里先生

道具の使い方も含めて、基礎からしっかり学びます

道具の使い方も含めて、基礎からしっかり学びます

POINT 04

漫画業界で必要とされる技術を学ぶ

漫画業界に対応できる技術を習得します。手で原稿用紙に描くアナログ制作だけでなく、近年主流になりつつあるパソコンで「漫画制作ソフト」や「フォトショップ」などの専用ソフトを使って描くデジタル制作もできるように、業界の流れに合った技術を身につけられるようにします。学生の個性を尊重し、同じ目標をもつ仲間達と楽しく創作活動を行います。

ゲッサンで「片翼シャトル」を連載中の栗田あぐり先生

ゲッサンで「片翼シャトル」を連載中の栗田あぐり先生

パソコンの使い方を基礎から教えてくれる

パソコンの使い方を基礎から教えてくれる

デジタルコミックに必要な知識や技術も習得する

デジタルコミックに必要な知識や技術も習得する

「これからも、ふたりで。」などベツコミで活躍中のももたまこ先生

「これからも、ふたりで。」などベツコミで活躍中のももたまこ先生

POINT 05

現役漫画家・編集者による直接指導でストーリーの原則を学ぶ

映画、漫画、劇画などのシナリオや歴史について学び、その上で、テーマ、題材、ストーリー、シチュエーションなどの基本構造や、起承転結の原則を学習します。基本を踏まえた上でシナリオの構成や文章表現に効果的な専門技法を学び、自身の漫画原作や脚本作りに活かします。
完成した作品は、現役の編集者や漫画家に見てもらいます。また出版社や制作会社、テレビ局等への持ち込みも指導します。

角川書店「月刊ASUKA」で連載中の音中さわき先生

角川書店「月刊ASUKA」で連載中の音中さわき先生

一人ひとりの作品にていねいにアドバイスをする

一人ひとりの作品にていねいにアドバイスをする

編集者の話はデビューに役立つ

編集者の話はデビューに役立つ

現役の編集者がアドバイスをくれる

現役の編集者がアドバイスをくれる

POINT 06

チャンスいっぱいの出版社見学!

東京アニメーター学院専門学校の周辺には、徒歩圏内に少年・少女雑誌を発行している大手出版社が集中しているので、授業の一環として出版社見学を行っています。もちろん自分の作品を編集者に直接見てもらうことも兼ねています。この見学会では、プロの漫画家のナマの原稿を見せてもらったり、その原稿がどのような過程を経て、市場に出る雑誌になるのか、ていねいに説明してもらえます。

少年画報社。編集者が直接原稿を見てくれる

少年画報社。編集者が直接原稿を見てくれる

集英社「週刊少年ジャンプ」編集部をたずねる

集英社「週刊少年ジャンプ」編集部をたずねる

有名出版社見学のチャンス

●少年画報社「ヤングキングα」編集部 ●集英社「週刊少年ジャンプ」編集部 ●角川書店「ASUKA」編集部 ●講談社「週刊少年マガジン」編集部 ●小学館「週刊少年サンデー」編集部 ●集英社「マーガレット」編集部 ●白泉社「花とゆめ」編集部 ●KADOKAWA「電撃大王・マオウ」編集部 など

POINT 07

現役編集者による講評を受ける!

東京アニメーター学院専門学校では、漫画雑誌の編集者を学校にお招きし、学生の作品を審査してもらう機会を設けています。編集者が直接、作品の講評をしてくれるこの審査会で編集者に認められることは、雑誌デビューのチャンスにつながります。また編集者から漫画家のアシスタントに紹介されることもあり、漫画業界へ踏み出す第一歩となります。

少年画報社・メディア事業部部長:大野正拓先生

少年画報社・メディア事業部部長:大野正拓先生

講談社「週刊少年マガジン」編集部:藤井俊宏先生

講談社「週刊少年マガジン」編集部:藤井俊宏先生

白泉社「花とゆめ」編集主任:武田直子先生

白泉社「花とゆめ」編集主任:武田直子先生

集英社「ヤングジャンプ」編集部:増田哲隆先生

集英社「ヤングジャンプ」編集部:増田哲隆先生

小学館「週刊少年サンデー」編集部:森脇健人先生

小学館「週刊少年サンデー」編集部:森脇健人先生

審査会参加出版社

【集英社】●週刊ヤングジャンプ編集部 ●別冊マーガレット編集部 ●ウルトラジャンプ編集部 【角川書店】●月刊ASUKA編集部 【講談社】●週刊少年マガジン編集部 ●ヤングマガジン編集部 ●イブニング編集部 ●BE・LOVE編集部 【小学館】●週刊少年サンデー編集部 ●ビッグコミックスピリッツ編集部 ●月刊サンデーGX編集部 ●月刊少年サンデー(ゲッサン)編集部 【少年画報社】●ヤングキング編集部 ●ねこぱんち編集部 【富士見書房】ドラゴンエイジ編集部 【一迅社】●コミックレックス編集部 【秋田書店】●週刊少年チャンピオン ●月刊プリンセス編集部 ●月刊チャンピオンRED編集部 ●ミステリ―ボニータ編集部 【スクウェアエニックス】●月刊少年ガンガン編集部 ●月刊Gファンタジー編集部 ●ヤングガンガン編集部 ●ガンガンJOKER編集部 ●月刊ビッグガンガン編集部 【メディアファクトリー】月刊コミックアライブ編集部 【白泉社】●花とゆめ編集部 【WEBコミック】●コミックスマート・GANMA!編集部 ●comico編集部 など。

現場で必要なテクニックとは…?
均一な線を引く

均一な線を引く
丸ペンで均一な線(太・細)を引く練習をします。背景作画において均一な線を引けることは絶対条件です。

背景を描く

背景を描く
パース・構造・比率・密度・光源を意識して、写真を元にして背景を描きます。授業で描いた課題はアシスタント採用の資料としても使用できるので、業界へ踏み出す足がかりとなります。

小物の作画

小物の作画
物の構造を考え、透視図法(パース)をもとに小物の作画をします。精密かつていねいに描くことにこだわります。

デジタルスキル

デジタルスキル
漫画制作の現場で主流になりつつあるパソコンと専用の制作ソフトを用いたデジタル制作ができるように学びます。自分で漫画を描く以外に、アシスタントに行く場合にも求められる技術です。

在学生の声

キャラクターイラスト

自分の作品を世に出したい! 漫画で人を喜ばせたい!
熱い気持ちをもった先輩たちが学校にたくさん集まり、お互いに刺激を受けながら腕を磨いています。

井口紅季さん

入学前と違う新しい自分に出会えます!

先生方は優しくて、わかりやすい授業です

学校では、すぐに漫画制作に活用できることを教えてもらえます。先生方は、とても優しく、わかりやすい授業をしてくれるので、授業についていけないと思うことはありません。私も、コマ割りやストーリー構成、演出方法などを学んだことで漫画技術が向上し、入学前とは違う自分を実感しています。今後、自分の漫画作品を描き、漫画家のアシスタントなどいろいろな経験をして、読者に楽しんでもらえる「少年漫画家」を目指していきます。

井口紅季さんの作品 井口紅季さんの作品01

井口紅季さんの作品02

業界の声

キャラクターイラスト

6年のアシスタント経験を経て、新人漫画賞で準大賞を受賞した音中さわきさん。
夢を叶えた業界の先輩にデビューまでのお話を伺いました!

音中さわきさん

音中さわきさん

音中さわきさん
漫画家。6年間に渡り漫画家アシスタントを経験。2009年に「桜思い」で角川漫画新人大賞準大賞を受賞し、デビュー。現在、角川書店・月刊ASUKAにて「うちの執事が言うことには」を連載中!

大阪で基礎を固めてから東京へ進出!

私はストーリー作りが苦手だったので大阪の学校に入学し、そこで1年間勉強をしました。しかし、出版社は東京に集中していて漫画家も関東在住の方が多いと聞き、2年次は東京の系列校に編入。上京後、学校の紹介でアシスタントになることができました卒業後もそのまま続けましたが、なかなか自分の作品を描く時間がとれず焦りも感じていました。ある日、学生時代に描いたイラストを見た「月刊ASUKA」の編集の方が声をかけてくださりデビューにつながりました。

授業が今でも役に立っています!

学校の授業では、個人では中々やれない石膏デッサンから漫画原稿の作り方まで、絵の基礎から漫画家として必要な実践的なことまで学ぶことができました。 そこでの経験はプロの漫画家として活動している今でも役に立っています。

音中さわきさんの作品
うちの執事が言うことには

©Kadokawashoten 2017 ©Kadokawashoten 2017 ©Sawaki OTONAKA 2016

音中さわきさんの連載作品
  • ◎「うちの執事が言うことには」(月刊ASUKA連載中・単行本7巻以下続刊)
  • ◎「レンタルハーツ」(あすかコミックスDX・全3巻)
  • ◎「赤き月の廻るころ」(あすかコミックスDX・全2巻)
  • ◎「よしわら花おぼろ」(あすかコミックスDX・全3巻)
  • ◎「あやかし江戸物語」シリーズ・イラスト(角川ビーンズ文庫) ほか
PAGE TOP