file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

アニメーターなりたい。

キャラクターイラスト

大好きなアニメを自分の手で作りたい。
アニメーターの一歩を踏み出す人たちの夢を叶えるため、即戦力として業界でいち早く活躍できる人材を育てます。

アニメーターのプロへ

アニメーターにとって一番求められるのは描写力。
デッサンからパース、背景美術まで動画の知識と技術のすべてを学んでいきます。

アニメーターの仕事とは?

アニメの原画・作画・動画に関わる職種がアニメーター。

それぞれの役割を担うたくさんのアニメーターと協力しながら作品を作り、キャラクターが活き活きと動くアニメが完成します。
新人アニメーターはまず動画マンと呼ばれる仕事からスタート。
経験を積んで作画監督や作品監督への道を目指していきます。

仕事キーワード

総作画監督:全話を通して絵の統一が取れるように作画の最終チェックをする。
作画監督:複数の原画マンが描いてきた絵を1話を通して統一するようチェック・修正を行う。
原画マン(作画マン):作画監督が描いたカットをもとに、実際のアニメの絵を描きあげる仕事。
第二原画:原画マンの絵に作画監督が修正を入れたものを最終完成させる仕事。
動画マン:カットとカットの間を埋める動きの部分の絵を作り上げていく仕事。

[先生VOICE]世界に誇るアニメ業界に若い人に入ってほしい

純粋な気持ちとしては、若い人に業界に入ってほしいんですよ。冷静にご父母にも判断してほしいんですけど、世界で一番かニ番の技術を学べるということですから。就職ロは山のようにありますし、アカデミックなもので日本を世界に紹介したときに、一番最初にくる業種がアニメーションになると思うんです。その分きびしい部分もありますが、この仕事は、どこに行っても通用する技術だと思います。

中澤一登先生

中澤一登先生
フリーランスのアニメーターとして活動している。人気アニメ「黒子のバスケ」のメインアニメーターをはじめ、「DAYS」「残響のテロル」「サムライチャンプルー」などのキャラクターデザイン、「KILL BILL」アニメーションパート監督、「Linkin Park」のPV監督など幅広い分野で活躍している。

東京アニメーター学院専門学校の
アニメーター育成カリキュラム

キャラクターイラスト

2年制

総作画監督、作画監督、原画マンなど、アニメーターをめざします。
東京アニメーター学院専門学校では、実際に放送されるアニメの第2原画を作成することができます。在学中にプロの仕事に触れ、業界デビューします。

CURRICULUM

基礎描写
トレス/タップ割り/リピート/振り向き/走り/歩き/合成
背景実技
ポスターカラー基礎/色彩構成/美術ボード模写
基礎デッサン
石膏/クロッキー
パース基礎
透視図法/立体構成
キャラクター描写
アタリのとりかた/人体の構造/キャラクターの描写/背景の描写/質感について
制作実習
レイアウト作成/原画作成/動画作成
レイアウト実技
タイムシートについて/レイアウト実習/カメラワークと画面処理について
就職活動対策
就職活動用作品の作成・添削

POINT 01

現場経験者の先生から動画の基本を学ぶ

まずはアニメの歴史や発展、制作工程などの知識を学びながら動画の基本へと入ります。動画制作の基礎として石膏、風景、人物デッサンなどを中心に画力を養い、質感描写やモノの観察、描写表現などを学習します。授業にあたる現場経験者の先生や、現役で活躍している特別講師の方々によって制作現場を踏まえた知識と技術を習得できます。

アニメ「DAYS」のキャラクターデザイン等を担当している中澤一登先生

アニメ「DAYS」のキャラクターデザイン等を担当している中澤一登先生

人物を模写して基礎描写力を養う

人物を模写して基礎描写力を養う

POINT 02

実際のアニメ制作現場の流れで学ぶ

立体表現や遠近法、背景美術を踏まえたうえで、動きの表現である動画の制作実習に入ります。人物や動物、静物、背景などの動きや表現をアニメーションにするのにあたり、タイムシートやタイミング設定の作成、設定の理解、指定の仕方、撮影処理指定の理解など、アニメーションの制作現場の流れにそって学んでいきます。

「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」キャラクターデザイン・矢野茜先生

「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」キャラクターデザイン・矢野茜先生

「ふらいんぐうぃっち」「タブー・タトゥー」作画監督の矢向宏志先生

「ふらいんぐうぃっち」「タブー・タトゥー」作画監督の矢向宏志先生

POINT 03

アニメーションの制作工程を把握する

原作、シナリオ、絵コンテ、原・動画を作り、中割り、トレース、彩色、背景、CG合成、撮影、編集などの作業を経て、最終的に作品を完成させます。一貫した授業内容により、アニメーション制作の流れをすべて把握できるので、就職後の実際の現場で、臨機応変に対応できるようになります。

「坂本ですが?」の絵コンテ・演出を担当した牧野先生による指導

「坂本ですが?」の絵コンテ・演出を担当した牧野先生による指導

キャラクターデザイン、絵コンテ、原画、動画など役割を決めて作業を進めていく

キャラクターデザイン、絵コンテ、原画、動画など役割を決めて作業を進めていく

POINT 04

デッサンで描写力を高め、いろいろな種類の背景画を描く

基礎として、ポスターカラーを使ったベタ塗り、グラデーション、溝引きなどの技術を身につけます。またデッサンやクロッキー、風景スケッチなどの勉強で、基礎描写力を高めます。ただ描くだけでなく、遠近感をだすための透視図法や、美術設定や構図も学び、立体図を正しく表現できるようにします。その後、作品の演出意図を理解し、背景画を制作します。CGなども学ぶので、いろいろな種類の背景画を描けるようになります。

絵の具を使い、基本的な着彩の練習をおこなう

絵の具を使い、基本的な着彩の練習をおこなう

デッサンで表現力や観察力を身につける

デッサンで表現力や観察力を身につける

学生作品

学生作品

POINT 05

アニメーションの着彩技術と撮影技術を学ぶ

デジタルペイントの授業では、アニメーションペイントの専門ツールを使用し、キャラクターの着彩技術を学びます。実技の授業を通してアニメーションペインターやアニメーション撮影技師等に必要な技術や知識を身につけることができます。

色の知識を深めて、作品制作にフィードバックします

色の知識を深めて、作品制作にフィードバックします

CGペイントは作画技術の向上にもつながります

CGペイントは作画技術の向上にもつながります

POINT 06

アニメーション制作会社を見学する

アニメーション学科では授業の一環として、「ヤッターマン」や「ガッチャマンクラウズ」などで有名なタツノコプロダクションや、「蒼の彼方のフォーリズム」や「ラストエグザイル-銀翼のファム-」等で人気のゴンゾ、「食戟のソーマ」や「ふらいんぐうぃっち」等を手掛けるJ.C.スタッフ等のアニメーション制作会社へ見学に行きます。アニメーションの企画室から実際の作業現場など、アニメーションに関わるほとんどの工程を見学し、その場で作画について詳しく説明してもらい、学生は将来の仕事としてのイメージをふくらませます。

笹川ひろし先生が所属する、竜の子プロダクションを見学

笹川ひろし先生が所属する、竜の子プロダクションを見学

旭プロダクションを見学

旭プロダクションを見学

JCスタッフを見学

JCスタッフを見学

POINT 07

アニメ業界を支える大物アニメーターから直接指導が受けられる!

アニメ業界で活躍している現役アニメーターを特別講師として招いて授業をおこないます。監督・キャラクターデザイナー・演出・作画監督クラスのアニメーターが、実際に現場で使っている技術や知識を直接教えてくれます。学生は業界や仕事のことを身近に感じることができて、将来の目標も明確になります。

「タイムボカン24」監督:稲垣隆行先生

「タイムボカン24」監督:稲垣隆行先生

「ハイキュー!!シリーズ」総作画監督:千葉崇洋先生

「ハイキュー!!シリーズ」総作画監督:千葉崇洋先生

「僕のヒーローアカデミア」キャラクターデザイン:馬越嘉彦先生

「僕のヒーローアカデミア」キャラクターデザイン:馬越嘉彦先生

アニメの制作工程とは?

1 企画

いわゆる原作にあたります。作品で伝えたいことをストーリーに展開します。

2 絵コンテ

絵コンテストーリーを画面でどう表現するか?そのアイデアを盛り込みます。

3 キャラクターデザイン

キャラクターデザインストーリー全体をよく理解し、それに合った絵柄をデザインします。

4 背景設定

背景設定物語の世界観が伝わるようにデザインします。

5 レイアウト

仕上がりの画面構図がここで決まります。物語全体におけるシーンを理解して、作画します。

6 原画

原画絵コンテの意図を考えて、キャラクターの動きを描きます。

7 動画

原画と原画をあいだをつなぐ絵を描きます。原画間の連続する一連した動きを作画する工程です。

8 背景

背景キャラクターの色合いを考慮して、背景原画に合わせて背景を描きます。

9 彩色・撮影

彩色・撮影色づけと撮影をパソコン上で行います。

10 アテレコ

出来上がったキャラクターに声を入れ、動画とあわせるとアニメが完成します。

ペイントの流れ

1 キャラクターのラフ画を描く
1 キャラクターのラフ画を描く
2 デッサンを整え線画にする
2 デッサンを整え線画にする
3 ラフ塗りで着彩色を決める
3 ラフ塗りで着彩色を決める
4 陰影を加えて本塗りする
4 陰影を加えて本塗りする
5 エフェクトを追加する
5 エフェクトを追加する

プロの経験ができる!!

在学中に第2原画の経験ができる!!

本校では、在学中に第2原画(演出と作画監督の指示に合わせてラフ原画を清書する作業)の経験をすることができます。プロダクションIGやスタジオ・ディーンといったアニメ制作会社より依頼があります。もちろん、自分の関わったアニメのパートはTV放映されます。

アニメーション学科:櫻井涼 さん アニメーション学科:櫻井涼 さん
アニメーション学科:熊川ありさ さん アニメーション学科:熊川ありさ さん

在学生の声

キャラクターイラスト

日々の授業を通して、早くプロに通用する力をつけたい!
学校の先輩たちは作画のテクニックを身につけるために絵を描くことにたくさんの時間を使っています。

又吉菜々子の声

モノの見方や考え方が大きく変わったなと感じます!

授業で聞く話はためになることばかり!

授業ではずっと描き方がわからなかったところが理解できたりと、ためになることがたくさんあります。そうやって先生の話を聞いて、知って、実行してを繰り返すうちに、自分の絵の説得力が上がる手応えを感じています。普段の何気ない風景でも、絵で描くにはどうするかを考えるようになるなど、モノの見方や考え方が変わったと感じます。

アテレコ実習

制作実習の授業
自分たちの手で、オリジナルのアニメ作品を作り上げていきます。大変ですが、とてもやりがいがあります。

演技の授業

Matayoshi’s works
上達するためにはとにかくたくさん絵を描くことが必要なので、家でも時間があるときは自習をしています。

小沼由衣の声

より実践的な環境に身を置くことができます

自分自身の技術が向上していると実感できます!

私のあこがれているアニメーターを数多く輩出しているということで入学を決めました。この学校では、先生方や第一線で活躍されている先輩方が一からていねいに教えてくれます。また、在学中にアニメの第二原画を担当させてもらえるので、より実践的な環境に身を置くことができて、日々技術の向上を感じています。

基礎トレーニング

作画の授業
プロのアニメーターとして活躍する先生が、一人ひとりにていねいに絵の指導をしてくれます。

アテレコの授業

Konuma’s works
人物や動物の作画など、授業の課題を毎日こなしています。大変ですが、日々成長を感じています。

業界の声

キャラクターイラスト

アニメーターとして活動して15年。
数々の人気作品を手掛け、アニメ制作の第一線で活躍する臼井文明さん。
業界の先輩としてのアドバイスとは!?

臼井文明さん

臼井文明さん

臼井文明さん
アニメーター・演出家。みんなでひとつの作品を作り上げるアニメ制作の仕事に魅力を感じ、アニメーターを志した。アニメ制作会社のイマジン社を経てフリーに。「ラブライブ!」をはじめ、多数の作品に演出、作画監督などで関わる。

やる気さえあれば何でも学べる場

アニメ制作現場のスタッフの中には、「アニメの学校になんて通ってもお金と時間の無駄だった」という人も少なくありませんが、僕の場合は学校で学んだことのすべてが役に立っています。
講師の方々も学生も情熱とやる気のある人が多く、そこに身を置くことで切磋琢磨し、自分を高められるのがよいところ。実際、本気でがんばっていた仲間はみんな第一線で活躍しています。そんな仲間たちと一緒に仕事をする機会があるとうれしいものですよ。

授業で学んだことが今の仕事にも生きている

授業は結構スパルタで、実技が中心。特に作画の授業は多く、みっちりしごかれたことが今の仕事にも生きていると思います。今、主に僕が担当しているのは演出といって、キャラクターに演技をつける作業。「この時のキャラクターはこういう表情でこういう動きで…」など、どんなふうに描いてほしいかを作画担当者に指示を出す仕事です。その場合も、作画の知識と技術がしっかり身についているからこそ、具体的な指示も出しやすいですし、現場の負担が軽減するような工夫や提案ができていると思っています。

自分が得た経験と知識を伝えていきたい

僕は現在、週に一度、特別講師として学校で授業を行っています。若い方たちの情熱に触れるのが楽しいですし、自分自身の勉強にもなります。絵を魅力的に見せる方法や頭の中にある絵を伝えるコツなども教えていきますので、ぜひ授業でお会いしましょう!

臼井文明さんの手がけた作品
ラブライブ!

©2013 プロジェクトラブライブ! 近年の代表作。
「ラブライブ!」では、演出と作画監督補佐を担当。
演出はキャラクターに演技をつけ、作画担当者に絵の意味を伝える仕事。
作画もできる臼井さんは、重要なキーパーソンのひとりとして、作品に携わっています。

臼井文明さんの代表作
  • ◎「ラブライブ!」シリーズ演出・作画監督補佐
  • ◎「狼と香辛料」演出
  • ◎「山田くんと7人の魔女」助監督
  • ◎「カオスヘッド(CHAOS;HEAD )」演出
  • ◎「うどんの国の金色毛毬」助監督 絵コンテ・演出
  • ◎「ぬらりひょんの孫~千年魔京~」演出・作画監督
  • ◎「石膏ボーイズ」助監督
  • ◎「境界線上のホライゾンⅡ」演出
  • ◎「ミス・モノクローム」絵コンテ・演出
  • ◎「ふたりはミルキィホームズ」作画監督