file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

独学だけでも声優になれる? どうやって練習していけば良い?

独学だけでも声優になれる? どうやって練習していけば良い?

最近ではネットの情報や各種書籍などの充実により、独学で資格やスキルをマスターしている人も多くなってきました。
声優を考えている人にとって、独学でプロの道を目指そうと考えている人もいるのではないでしょうか。
確かに独学でさまざまな知識を身に付けることはできますが、声優に必要なすべてのスキルを果たして独学で勉強することができるのでしょうか。
ここでは、独学でも声優になれるのかどうかを考えていきましょう。

独学でも声優になれる?

プロの声優は、どこかの声優事務所に所属をして、事務所を通じて仕事の依頼を受けるというシステムになっています。

一般的には声優の養成所や専門学校などに入り、そこから提携している事務所などのオーディションを受け、合格すればその事務所に所属。そこから仕事をもらいながら経験を積んで一流の声優へと成長していきます。

独学の場合は、個人として声優の仕事を探さなければいけませんが、声優の仕事の大半は事務所を通じて行われますから、単独で活動をするということが極めて難しく、よほど声優以外の知名度がない限り、仕事をもらえるチャンスはほとんどありません。

事務所を通さずに、新人を探すために声優の一般公募を行う場合もありますが、ごく稀であり、応募件数も多くなることから、よほどの実力がない限り一般公募から合格するのは難しいと言えるでしょう。

独学だけでは声優になることが難しい理由

声優になるための勉強は、単に参考書を読んだりするだけではありません。ここでは、独学だけで声優になることが難しい理由を挙げてみました。

癖がついてしまうことがある
独学で声優の勉強をするリスクがとても高い要因の1つに、「変な癖がついてしまう」ことが挙げられます。独学で勉強するということは、練習内容を確認するのも、評価するのも自分自身ということになります。
発声の基本や呼吸法などは、養成所や専門学校などでプロの指導の下で行われるのが一般的ですが、自分で発声練習を行ったり、間違った方法で声を出してしまうと、その癖が身に付いてしまい、後になって修正することがとても困難になります。独学では限界を感じ、その後養成所や専門学校に入ってみたものの、独学でついてしまった癖を直すために余計な時間がかかってしまったという話もよく聞かれます。また喉を酷使するような癖がついてしまうと、喉自体を傷めてしまうリスクも考えられます。

指導者や練習相手がいないと難しいため

声優の仕事は他の声優さんやスタッフとのコミュニケーションや同調させる能力も必要です。また、自分がどのレベルにあるのか、人と比べてどうなのかを確認することも独学ではできず、いい点や悪い点を評価することもできません。
特にアニメや映画の吹き替えなどの仕事の場合は、複数人で収録を行いますから、相手との間や空気を読みながら進めていく必要があり、このような経験は練習相手や仲間がいないと、独学で学んでいくのは難しいと言えるでしょう。悪い点や癖を直してくれる指導者、同じ目標に向かって共に頑張るライバルや仲間との絆も声優の勉強には必要です。

オーディションを受ける権利が得られないことも……

求人情報にもよくある「〇〇免許取得」、「経験者のみ」、「〇〇技能講習修了者のみ」というような条件。声優の世界にも一般公募を除き、このような条件が多くあります。
声優の事務所に所属するためにはオーディションを受ける必要がありますが、そのオーディションの募集条件に「専門学校・及び養成所で訓練を受けたものに限る」となっているケースもあります。こうなってしまうといくら独学で練習したところで、オーディションすら受けることができなくなります。このように独学だけでは事務所に入るチャンスさえ奪われてしまうこともあり、これらも声優の道が厳しい理由の1つです。

独学でも勉強できることとは

声優にはその役柄の性格や思考などを理解しながら、その世界の人間としてなりきる必要があります。ときには学校の生徒であったり、母親であったり、警察官、その道のプロなどさまざまな背景があります。
想像だけでその人柄になりきり、完璧な演技を行うことは難しく、多くの知識や世界観を学ぶことが大切です。

表現の幅を広げるためにはさまざまな経験を重ねることが重要になりますから、多くの経験を独学で勉強することはとても大切です。読書はもちろんですが、さまざまなスポーツや活動を経験することも忘れないようにしてください。

このように独学だけで声優の道を目指すことはかなり厳しいと言えますので、まずは専門学校で声優の基本的なスキルを指導者の下で学ぶことが大切です。東京アニメーター学院専門学校では、声優やナレーターのプロを目指す人向けの専門コースを用意しています。2年かけて基礎から学べて、現役声優による直接指導も行っております。また、声優業界とのつながりもあるため、在学中にオーディションに挑戦することもできます。ぜひ一度入学を検討してみてください。

PAGE TOP