file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

声優で成功するために重要な声の演技力とは?

声優で成功するために重要な声の演技力とは?

たくさんの人たちが憧れる声優の仕事は、決して甘くはありません。素敵な声を持っているだけではなく、高い技術と経験が要求されます。中でも「声の演技力」はとても重要で、声優として活躍するためには欠かせない能力とも言えるでしょう。ここでは、声優にとって重要な声の演技力について重視するポイントや高め方について解説します。

声優にとって重要な声の演技力とは

舞台やドラマ、映画などで活躍する俳優は、声はもちろん、顔の表情や体の動きなどを使ってその役の感情を表現します。一方、声優の場合は使えるのは声のみで、声優として第一線で活躍していくためには「声の演技力」がとても重要です。ここでいう「声の演技」というのは、演じるキャラクターの外見、性格や感情、体調まで全ての情報を声のみに集約をするということ。演じる声優自身がいかに声だけで表現できるかが求められるのです。

声優の力が試される!声の演技で難しいポイントとは?

声の演技力というのは声優にとって必須のスキルです。では、実際にどんな時にその演技力が試されるのでしょうか。ここでは、声の演技力が必要となる場面について、詳しく説明していきます。

ロケーションや体の動き、表情に頼らずに演じる

俳優や女優はシーンに合わせたセットやロケーションの中で演技をします。一方、声優はたくさんのマイクが並ぶレコーディングスタジオで演技をしなくてはなりません。
実際に走って荒い息を吐いたり、相手役と対峙して緊迫した表情で話したり、俳優は体の動きが伴うことで自然に演技をすることができますが、声優は基本的にマイクの前に立ったまま演技をする必要があります。周りの環境が変わらないスタジオ内で、声だけで演技をするということは想像以上に難しいことなのです。

すでに動きが付いた絵に合わせて演じる

アフレコでは、すでに出来上がっているアニメーションの動きに合わせて役を演じなければなりません。声だけで、しかもマイク前という動きの制限がある中で絵やキャラクターに合った演技を行わなければならないのです。自分が普段しない動きや声の出し方をしているキャラクターでも、幅広く対応できる能力が必要です。

また、例えば泣き方ひとつとっても、しくしく泣く演技とわんわん泣く演技は異なります。その絵の表情や動きに適した演技をする必要があります。いきいきとしたキャラクターを作り上げるためには、下を向いて泣いているのか、上を向いて泣いているのかといった、細かい違いにも気を付けて演じ分けることが重要です。

キャラクターごとに全く違う声で演じ分ける

アニメには色々なキャラクターが登場し、人であったり動物であったり怪獣であったり、はては物がしゃべったりもします。自分の声質や演技に合ったキャラが割り当てられることが多くなるとはいえ、それらのキャラクターに合ったしゃべり方で、見る人にわかりやすい表現で演じなければいけません。性格や立場、性別といった分類を超えたレベルでの演じ分けも必要になってくるのです。

声の演技力を高めるにはどうする?

声優にとって声の演技力を磨くことは、さまざまなキャラクターを演じるためにも不可欠なことです。では、どのようにして声の演技力を高めたら良いのでしょうか。具体的な方法を見ていきましょう。

発声や滑舌などの基礎的な力をつける

声で全てを表現するためには、言葉がきちんと伝わらなくてはいけません。そのために大切なのが発声と滑舌です。喉からではなくお腹からしっかりと声を出すことで、低音から高音まで幅の広い声を使えるようになり、また滑舌を鍛えることで言葉を生き生きと伝えられるようになります。基礎的なことですが、声優として長く活躍していくためには、トレーニングを継続することが大切です。

映画や小説などに声をあてて練習をする

映画を見ながら自分でセリフをあててみたり、小説を声に出して朗読したりするのも効果的な練習方法のひとつです。実際に声に出してセリフを言ってみると、頭で思い描いていた通りに聞こえないことも多いでしょう。大切なのは自分の声を録音して客観的に聞くということ。自分のセリフがどのように聞こえているのかをチェックしながら、繰り返し練習をしていきましょう。

新しい経験をして感情の引き出しを増やす

経験のないことを想像だけで表現するというのは難しいものです。声優として幅広い役を演じるためには、できるだけ感情の引き出しが多いに越したことはありません。旅行をする、恋をする、人と出会うなどいろいろなことに積極的にチャレンジして、新しい経験を積み重ねていきましょう。

毎年たくさんのアニメが作られ、たくさんの声優がそのキャラクターを演じています。しかし、上手い声優はたくさんの作品に出演し、そうでない声優は役がもらえないという現状があるのです。この違いは、いかに役になりきれているか、演じきれているかなのです。しっかりとスキルを身につけ、さまざまなキャラクターを演じられるようになりましょう。

東京アニメーター学院では、現役声優や一流の講師陣の指導のもと、声優としての技術を磨くことができます。声優を目指している人は、東京アニメーター学院専門学校でプロデビューへの第一歩を踏み出してみませんか。ぜひこちらのページで詳細をご確認ください。

PAGE TOP