file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

声優の仕事である、「アテレコ」と「アフレコ」とは?どんな違いがあるの?

声優の仕事である、「アテレコ」と「アフレコ」とは?どんな違いがあるの?

アニメ好きの方なら、耳にするであろう「アテレコ」や「アフレコ」という言葉。なんとなく意味は分かるけれど、きちんと説明しろと言われるとちょっと難しいですね。さらにそれに類似した言葉で「プレスコ」というものもあります。ここでは、「アテレコ」や「アフレコ」の意味、そして「プレスコ」についても解説します。

声優の仕事の「アテレコ」とは?

声優の仕事のメインとなるのは、何らかの映像に声を当てる仕事です。このことを、声を「“当てる”レコーディング」から「アテレコ」と呼ぶようになったと言われています。一般的に声優はアニメやゲームのキャラクターに声を当てることが多いのですが、それだけではなく海外ドラマや洋画などの演技に声を当てる吹き替えも、このアテレコに当たります。
「アテレコ」とは、広義な意味で、声優が声で演技をするレコーディング全般を指す言葉として使われているのです。

一方「アフレコ」とは? アテレコとの違い

一方、「アテレコ」とよく似ている言葉に、「アフレコ」があります。「アフレコ」とは、「アフターレコーディング」の略。アフター(after)とは後、つまり映像の後に声の収録を行うことを指します。アフレコもアテレコ同様声を当てるレコーディングですので、アテレコの中でも、すでにできあがっている映像に合わせて、後から声の演技をするのがアフレコと考えると分かりやすいかもしれません。
ただし、近年はアテレコもアフレコと同じ意味で使われることが多くなってきていて、アテレコという言葉自体が使われることが少なくなってきています。

「アフレコ」は、絵が先に完成しているので、声優はレコーディング前にその絵に合わせて役のイメージを固めていく作業から行うことになります。キャラクターデザインからのイメージや台本から読み取れるキャラクター像を基にして、キャラクターの声を作り上げ、レコーディングに挑みます。

また、アフレコではできあがった映像に合わせて、声優の側が台詞のタイミングを合わせていかなくてはいけません。映像にずれなく声を合わせるには、声の演技とは別の能力が必要になります。音声と映像をシンクロするのは、絵ができていればいるほど難しい技術になります。

もっとも、アニメの場合には必ずしも映像が完成しているとは限りません。「線画」と言ってまだ色が塗られていない状態の絵の場合もあれば、まだキャラクター位置と台詞のタイミングしか入っていない映像に合わせて声の収録を行うこともあります。
絵の制作と声の収録は並行して進行することが多いため、進行が厳しいアニメでは映像ができあがっていない状態でのアフレコもあるようです。

もうひとつある「プレスコ」とは?

さて、「プレスコ」という言葉を聞いたことのある人はどのくらいいるでしょうか。声優を目指すなら「アフレコ」とセットで知っておきたい用語の一つです。

「プレスコ」とは、「prescoring(プレ・スコアリング)」の略で、先に声を収録してから声に合わせて映像を作る手法のことです。映像に合わせて声を収録するアフレコとは真逆の順番で制作します。
日本では多くの現場でアフレコが採用されていますが、海外の録音現場ではプレスコが採用されることが多く、特にアメリカではプレスコのほうが主流だと言われています。ディズニーのアニメ映画でもプレスコが採用されており、キャラクターの豊かな表情やキャラクターと音声のシンクロ具合がまるで実写のように感じられるほど、瑞々しい仕上がりになっています。
もちろん日本でも「プレスコ」の手法を用いて制作されることは、決して珍しいことではありません。スタジオジブリの高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』でも、プレスコが採用されました。ただし、音声を基に映像を制作するプレスコは、アフレコの場合より制作に時間がかかるため、テレビアニメではあまり採用されていないようです。

またプレスコでは、台詞のタイミングやイメージは映像のほうが合わせてくれますが、立ち位置や服装、表情や仕草などの映像がないため、声優のほうがイメージを膨らませ、演技を固めていかなければなりません。事前に演技プランを作っていっても、収録当日に自分のイメージとはまったく異なることを監督から指示されることも考えられるため、その場で演技を作り直す瞬発力も必要となります。プレスコは、舞台のようなその場の掛け合いやライブ感がよりリアルに出るため、より演者としての深さが問われると言っても過言ではありません。

声優を目指す人なら、「アテレコ」「アフレコ」「プレスコ」は基本的な単語ですので、覚えておくようにしましょう。東京アニメーター学院専門学校なら、基本的な演技指導はもちろん、ダンスや舞台演劇など実際に身体を動かすレッスンを通じて表現力を身につけることができます。「アフレコ」「プレスコ」いずれでも対応できる幅広く活躍できる声優を目指すなら、ぜひ東京アニメーター学院専門学校に通ってみませんか。

PAGE TOP