file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

何を重視して選ぶべき? 声優事務所の選び方

何を重視して選ぶべき? 声優事務所の選び方

声優を目指すには、まずは所属する事務所(声優プロダクション)を決める必要があります。どのようにして事務所を選べばよいか、迷ってしまう方も多いかもしれません。所属する事務所によっては、自分のやりたい仕事ができない可能性もあります。では、どのようにして声優事務所を選ぶと良いのでしょうか?ここでは、声優事務所の選び方と見極めるポイントについて解説します。

声優事務所とは?

声優は基本的に声優事務所に所属して仕事をすることになります。声優プロダクションと呼ばれることもある声優事務所のおもな仕事は、所属する声優のマネジメントをすること。事務所に所属するためにはオーディションを受け、合格した後に契約をかわすことが基本です。
声優事務所はどこも同じではなく、それぞれにカラーがあり得意分野も違いますし、声優養成所を併設しているところも多くあります。入りたいプロダクションがある場合は、その養成所で学ぶとよいでしょう。

どんな仕事がしたいか見極めよう! 声優事務所の選び方

声優事務所と呼ばれるプロダクションは数多くありますが、業務内容は基本的にどこも同じです。では、どのようにして事務所を選べばいいのでしょうか。
声優事務所を選ぶ時に重要な軸は、「自分がどのような仕事をしたいか」ということです。事務所ごとにアニメやゲーム業界とのパイプが強いことがあるので、仕事の傾向にも違いがあります。事務所によっては自分のやりたい仕事がなかなかできない可能性もあるので、まず「自分がどんな仕事をしたいのか」を把握した上で、それが実現できる事務所を選ぶと良いでしょう。

声優事務所を選ぶ時にチェックしたいポイント

大手から小規模のところまで、声優事務所は本当にたくさんあります。その中から、自分に合った事務所を選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。声優として充実した仕事をするためにも、次のことをチェックするようにしましょう。

どんな作品の実績が多いか

声優の仕事というと、アニメや映画の吹き替えがすぐに思い浮かぶかもしれませんが、それだけではありません。ナレーション、CM、アナウンス、司会など、仕事の種類は多岐に渡ります。事務所を選ぶ際、どんな作品、ジャンルの仕事が多いか、必ず確認しましょう。事務所のホームページを見れば、だいたいの傾向をつかむことができます。
事務所ごとに仕事を依頼してくれるクライアントさんとのつながりができているため、アニメの仕事が多い事務所、ナレーションの仕事が多い事務所など、実績が異なるのです。アニメの吹き替えがしたいのにナレーションの仕事が多い事務所に所属してしまったのでは、なかなか希望の仕事ができないということになってしまいます。

所属声優の仕事状況はどうか

もちろん、事務所に所属すれば必ず仕事がもらえるというわけではありません。実際に所属している声優がどんな仕事に関わっているのか、そもそも仕事をきちんともらえているのか、しっかり見極めましょう。

営業力があるか

プロダクションは声優の仕事の営業を行います。いろいろな媒体や企業、コンテンツに対して営業を行い、仕事を取ってくることができるのです。
素晴らしい能力を持った声優でも、プロダクションの営業次第では活躍できない状況になり得ます。反対に実力は劣っていても、プロダクションの営業能力次第ではさまざまな仕事をすることもできるのです。
プロダクションやマネージャーの営業力を測るには、プロダクションの規模(資本金、従業員数、所属タレント)で推測するしかありません。その上で、プロダクションやマネージャーに認められて、俗にいう「推される(営業をしてくれる)」までに成長しなければなりません。まずはプロダクションのマネージャーに認められること、その上でクライアント(仕事を依頼する側)に認められて、初めて仕事ができるのです。

声優事務所は「大手だから良い」「有名な声優がいるからギャランティが多い」というわけではありません。事務所によってカラーがありますし、得意としているジャンルも異なります。自分がしたいと思っていた仕事をするためにも、事務所選びは大切です。せっかく声優になる勉強をしてきたのですから、アニメなのか映画なのか、ナレーションなのか司会なのか、自分がしたいことをはっきりさせ、希望するジャンルに強い事務所を選んでくださいね。

PAGE TOP