file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

独学でもなれる? 独学でイラストレーターを目指すメリット、デメリット

独学でもなれる? 独学でイラストレーターを目指すメリット、デメリット

将来イラストレーターを目指す人の中には、「独学でプロになる!」と考えている人もいるのではないでしょうか。独学であれば学費はかかりませんし、時間も自由に使うことができます。しかし、自分を律することは簡単ではありませんので、ついだらけてしまい、なかなか成果を上げられない人もいます。夢をかなえるためにも、独学のメリットとデメリットを知っておきましょう。

イラストレーターは独学でもなれる?

イラストレーターは、資格や学歴は必要ありません。ということは、美術大学や絵の専門学校などを卒業しなくても、イラストレーターになれるということです。ただしプロとして収入を得るためには、それ相応の画力が必要となります。技術がなくてもイラストレーターになれるわけではない、ということをしっかりと覚えておきましょう。

また、プロとしてイラストの仕事をするときに求められるのは、クライアントの要望にそったイラストを描くことです。イラストレーターの世界は自分らしいタッチを生かしながら、クライアントの要望を満たした作品、あるいはそれ以上の作品を仕上げなければ通用しない世界です。独学で画力の練習をしていると、自分の個性を主張することに重点を置いてしまい、自分の好きなモチーフばかりを描いてしまいがちです。プロを目指すためには、クライアントの要望を読み取る能力など身につけなければなりません。

独学でイラストレーターを目指すメリット

どんなことにも、メリットがあればデメリットもあります。独学でイラストレーターを目指す場合も、同じです。自分に合った道を選択するためにも、メリットとデメリットの両方を理解しておきましょう。まずはメリットからお伝えします。

学費がかからない

独学の場合、いちばん大きなメリットは入学金や授業料など学校に通うための費用が一切かからないことです。もちろん独学でも、参考書籍や絵を描くための道具、デジタル画のためのパソコンやタブレットなどを揃える必要はあります。ですが、大学や専門学校、通信講座で学ぶ場合は、それ以外の費用が必要です。

マイペースで学ぶことができる

独学のメリットは、自分のペースで学習できる点にもあります。学校に通う場合はカリキュラムがありますし、時間も拘束されますが、独学なら勉強する場所も時間も自由です。すでに社会人として働いている、生活のためにアルバイトをしなければならないなどの事情がある人でも自分なりの方法で練習を進めることができる点は、独学のメリットといっていいでしょう。
また、自分が練習したいこと、描きたいものを思う存分描けることも、独学のメリットといえます。

独学でイラストレーターを目指すデメリット

メリットがわかったところで、デメリットについても見ていくことにしましょう。独学の場合、大きく次の3つのことが挙げられます。

第三者の意見やアドバイスを聞くことができない

独学の場合、先生に指導してもらうことや意見、アドバイスを聞くことができません。客観的に上手い、下手の判断をしてもらえないこと、自分の弱点を克服する方法を自力で見つけ出さなければならない点は、大きなデメリットといえるでしょう。
例えばデッサンの練習ひとつとっても、描き方はこれでいいのか、上達しているのかなど、自分ではなかなかわからないものです。一歩間違うと、独りよがりの自己満足に陥ってしまう危険性があります。

その点、学校に通っていれば、先生や先輩、同級生の意見を聞くことができます。先生からもらうアドバイスは有意義でしょうし、同じ道を目指す仲間のイラストに刺激を受けることもあるでしょう。また、ライバルを作ることで切磋琢磨して技術を競い合うこともできるでしょう。多くの人と接する中で絵を描くことは、プロとして活動するときにも必ず役に立ちます。

効率的に力を伸ばせないことがある

独学の場合、苦手なことを避けてしまったり、ゴールまで遠回りをしてしまったり、効率的な学習ができずに力を伸ばせないことがあります。
学校に通っていれば、イラストが上達するためのカリキュラムが段階的に組まれているので、苦手なことにも取り組まなければなりません。結果的にはその努力が画力の向上につながっていきます。

だらけてしまいがち

時間も練習内容も自分の好きなように進めることのできる独学だからこそ、強い意志がないとだらけてしまいがちに……。「今日は疲れたから、パス」「明日やればいいや」などの理由をつけ、気づいたら何もしない日々が続いているということも。独学では、きちんと計画を立て、何があってもやり抜く気持ちが大切だと言えるでしょう。

お伝えしたように、独学でもイラストレーターになることはできます。ただし、独学には、メリットだけでなくデメリットがあることもよく理解しておきましょう。
どちらを選ぶかは自分の気持ち次第ですが、学校には指導してくれる人がいて、なおかつ刺激しあえる仲間がいます。この点は独学にはない大きなメリットであり、イラスト上達の近道と言えるかもしれません。本気でイラストレーターを目指すのであれば、専門学校で勉強する道を考えてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP