file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

イラストレーターの就職先にはどんなところがある?

イラストレーターの就職先にはどんなところがある?

将来はイラストレーターとして仕事がしたいと考えているものの、就職先にどのようなところがあるのかわからないという人も多いのではないでしょうか。広告や雑誌などでイラストを目にする機会はよくありますが、どのように仕事を請け負っているのか、わかりにくい面があることも事実です。
そこで、今回はイラストレーターとしての就職先についてまとめてみました。

デザイン事務所

単行本、ポスター、パンフレット、商品パッケージのほか、文房具やWEBコンテンツなど、さまざまなデザイン制作を手がけるのがデザイン事務所です。最近では、名刺やチラシに掲載する似顔絵書きの求人もあります
デザインにはイラストを絡めることがよくあるので、イラストレーターの就職先として選ばれることが多いようです。

デザイン事務所の特徴は、手がけるジャンルが幅広いこと。もちろん事務所によって得意とする媒体や専門とするジャンルを持っているケースもありますが、「特定のジャンルのイラストだけでなく、いろいろなものを描いてみたい」と考えているのであれば、デザイン事務所はおすすめと言えるでしょう。

デザインの仕事は、ディレクターやデザイナーも含めたチームで仕事をすることが多いので、コミュニケーション力、デザインも含めて提案する力があると活躍の場が広がります。

出版社

出版社が「イラストレーター」という職種の求人をすることはあまりなく、外部のイラストレーターを起用することが多いです。
ただ、小さなカットや簡単な手直しなど、社内にイラストが描ける人がいると便利であることから、「美術やデザインを学んだ人」という条件で求人をすることはあります。
本や雑誌の文章に添えるイラストを担当することもあるようですので、自分の力をアピールできる就職先として覚えておくといいのではないでしょうか。イラストレーターとして仕事をするきっかけを作ることができる場と考えることもできます。

広告制作会社

企業の依頼を受けて宣伝広告に関する制作を請け負う広告制作会社も、就職先のひとつとして挙げられます。デザイナーやイラストレーターなどクリエイティブな職種の求人を行うことも多いので、ぜひアンテナを張っておきましょう。就職して実績と人脈を作り、力が認められればフリーとして独立することを視野に入れることができます。

ゲーム会社

ソーシャルゲームがブームとなっている昨今、イラストレーターの求人を増やしているのがゲームを制作する会社です。キャラクターデザインも含めたゲーム全体のグラフィックを担当したり、カードゲームのカードのイラストを描いたりなど、担当業務はさまざま。

ただ、キャラクター制作は目指す人が多く、競争率は高めになることも。しかし、新たにゲーム事業に参入する企業も多いので、アンテナを張りながら自分の画力を磨いておけばチャンスが巡ってくるのではないでしょうか。

一般企業の商品企画やデザイン、開発部門

イラストレーターとして就職するというよりも、イラストが描ける力を生かして就職できる可能性があるのが、一般企業の商品企画や開発部門です。求人はさほど多いとはいえないのですが、イラストレーターを目指す人はあまり一般企業に目を向けませんので、狙い目の就職先と言えるかもしれません。例えば、商品企画やデザイン開発部門を設けている文房具、おもちゃなどの制作販売会社などが該当します。
文具売り場やおもちゃ売り場を歩くと、どんな会社がどんな商品を出しているかの傾向がつかめます。気になる会社の社名を控えて調べてみると、思わぬ求人に出会えるかもしれません。

フリーランス

ある程度の実力や絵のセンスがあれば、会社に就職せずにフリーランスとして仕事をするという道もあります。
フリーランスとしての活動を目指すなら、ポートフォリオを用意して自分を売り込むことが欠かせません。そのためには、コミュニケーション能力はもちろん、断られてもくじけずに次にチャレンジする精神力が必要です。請け負った仕事を誠実にこなし、地道に人脈を築いていけば仕事は少しずつ増えていくでしょう。
もうひとつ、最近は「クラウドソーシング」で仕事を探すという方法もあります。サイトへの会員登録が必要ですが、イラストやロゴデザインに関する仕事やコンペの募集も多数あります。自分の好みに合った案件に応募できますし、クリエイティブな仕事に特化したサイトも増えています。ひとつの仕事が次につながることもあるので、フリーランスを目指すならぜひ利用してみたいところです。

イラストレーターの就職先についてご紹介しました。「ポスターやパッケージの制作がしたい」「ゲームに関わりたい」など、自分の夢や希望、性格に合わせて方向性を定めてみてはいかがでしょうか。もちろん、今はどんな就職先があるかを把握しておくにとどめ、絵の勉強をしながら決めていきたいと考えるものいいでしょう。
いずれにしても、画力を磨いておくこととポートフォリオを準備することは、進めておいたほうがいいと言えます。ぜひ時間のあるときに、作品を増やしておきましょう。

PAGE TOP