file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

プロのイラストレーターとして仕事を獲得する方法とは

プロのイラストレーターとして仕事を獲得する方法とは

絵の技術を学んだ人なら、「プロのイラストレーターとして収入を得たい」と一度は夢見たことがあるのではないでしょうか。では、イラストの仕事はどのようにして獲得すればいいのでしょうか。実は意外と多くの方法があるのです。ここでは、イラストレーターとしての仕事の獲得方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

コンテストやコンペに応募する

絵本やキャラクターデザイン、ロゴマークなどイラストの技術が生かせるコンテストやコンペを探して応募します。賞を取ることができれば自分の肩書きとして使うこともできますし、応募作をきっかけにイラストの依頼が入ってくることもあります。

コンテストやコンペについての情報は、インターネットで検索すると大規模なものから小規模のものまで多数見つかると思います。なかには、応募する際に費用がかかる(審査料など)ものもありますが、無料で応募できるものもたくさんありますので、「これは!」と思うものを見つけたら、どんどん応募してみてはいかがでしょうか。

イラスト投稿サイトやSNSのアカウントを作成し投稿する

イラストや漫画の投稿ができるPixivのようなサイトや、Twitter・InstagramなどのSNSに作品を投稿するという方法もあります。投稿するためにはアカウントを作成しなければなりませんが、費用はかかりません。投稿した作品が話題になれば、デザイン会社や出版社の人の目にとまるかもしれませんし、それが仕事獲得につながる可能性もあります。

アカウントを作ったら、プロフィールも充実させておきましょう。経歴、連絡先、おもな仕事の実績を記すほか、ホームページに誘導することもできます。ホームページにポートフォリオ(作品集)を作成しておけば、営業手段として使うことも可能です。

ポートフォリオを作成し、持ち込みに行く

デジタルのポートフォリオのほかに、アナログ(手描きのデッサンや紙に印刷したものなど)のポートフォリオを作成し、持ち込むという方法もあります。
求人サイトなどで「イラストレーター」とワード指定して検索をかけると、イラストレーターを募集している企業や事務所などがヒットします。条件などを照らし合わせながら、自分のタッチや技術が生かせそうなところに応募をしてみましょう。

また、出版社、編集プロダクション、ゲーム会社、デザイン事務所などは、特に求人を出していなくても作品持ち込みを受け付けているケースがあります。事前に連絡を取り、面接の約束を取り付けましょう。デザイナー、ライターなどの知り合いがいれば、そのツテで担当者を紹介してもらい、作品を持ち込むという方法もあります。

同人誌即売会へ出展する

同人誌の即売会には、新しい漫画家やイラストレーターを発掘しようと、出版社やデザイン事務所の担当者が来ていることがあります。大勢の中から目に留めてもらう必要はあるものの、チャンスはどこからどのように飛び込んでくるかわかりません。出展に向けて描くことは、イラストのスキルを磨く練習にもなるはずです。
出展することでどんな絵柄が人気かといった傾向もわかりますし、出展者どうしで情報交換ができることもあるでしょう。積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

クリエイターEXPOなどに出展する

イラスト、写真、デザインなどクリエイティブな仕事をする人が集う「クリエイターEXPO」などのイベントに出展すると、仕事につながることがあります。現在プロとして仕事をしている人も、さらなる仕事を求めて出展する場ですので、真剣にイラストレーターを探している企業や業界関係者が多く来場します。

大切なことは「お祭りイベント」ではなく、「仕事を探す場」ととらえること。声をかけてもらえるように展示の仕方を工夫し、名刺やパンフレットなどを用意しておくといいでしょう。見てもらうことを待つのではなく「どのようなイラストレーターをお探しですか?」と積極的に声をかける姿勢があると、仕事につながる確率も上がるのではないでしょうか。

クラウドソーシングなどのサイトを利用する

インターネットを通じて、仕事を依頼したい人と仕事を請け負いたい人を結びつけるクラウドソーシング。イラストや文章、デザインなど多種多様な仕事を仲介するサイトもあれば、イラストや漫画に特化して人材を募ってマッチングするサイトもあります。
仕事につなげるポイントは、毎日こまめにチェックすることと、報酬金額にとらわれずに応募してみることです。報酬の安い仕事でも、仕上がりが良ければギャラがアップすることもありますし、継続して仕事を依頼されることもあります。

会社などの組織に所属せずに、イラストレーターの仕事を獲得する方法についてご紹介しました。最初はなかなか仕事を見つけられないかもしれませんが、依頼された仕事をきちんとこなしていれば、新たな仕事につながる確率も高くなります。自分の力と可能性を信じて、できる手を打ってみましょう。

PAGE TOP