file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

会社勤めとどう違う? フリーランスのイラストレーターになる方法

会社勤めとどう違う? フリーランスのイラストレーターになる方法

イラストレーターとして働くには、フリーランスとして働く方法と、企業に所属して働く方法があります。今回はフリーランスとして働くことについて、その働き方の特徴やなるためにすべきことなどをご紹介します。

会社勤めとの違いは? フリーランスという働き方

フリーランスとは、その名の通りどこにも所属せず、自分一人で仕事を進める働き方です。イラストレーターの世界ではこの働き方が比較的多く、個人事業主や有限会社となって建前上の会社として働く方もいます。
フリーランスとして働く最も大きなメリットは、自分の好きな仕事を好きなだけできることです。会社勤めとは違い、時間や売上の制限もなく、ノルマも上司からのプレッシャーもありません。好きな時間に作業すればいいですし、労働時間の制限もありません。
ただし、営業活動や会計処理まで全て自分で行わなければならず、特定の仕事が切られたら稼ぎは一切なくなるといったリスクもあります。

フリーランスとして働くために必要な能力

フリーランスという働き方には大きなメリットもありますが、その分リスクもあります。自分の身一つで仕事をするという事なので、体調を崩したり仕事がこなくなったら、一切の稼ぎがなくなってしまう可能性があるのです。
フリーランスとして働くためには、自分自身でしっかりと体調を管理し、仕事をマネジメントする必要があります。将来どんな仕事を請け負いたいのか、そのために今どんな仕事を続けるべきなのかを明確にし、目標に向かって仕事に取り組むだけのマネジメント能力が必要です。イラストに対するモチベーションをうまく保ち、逃げ出さず仕事を続けられなければなりません。
また、先に述べたように自分自身で営業をしなければ仕事は来ません。人脈を作り、いろいろな人から信頼されてこそ、フリーランスとして仕事ができるのです。このような事から、企業の営業として働く人以上に営業能力が必要になるとも言われます。

フリーランスのイラストレーターになるためにまずすべきこと

フリーランスになるだけなら簡単です。フリーランスだと言えばいいだけです。ただ実際に成功しフリーランスとして早くから軌道に乗せるためには、入念な準備が必要です。ここでは、フリーランスのイラストレーターになるためにすべきことについて詳しく見ていきましょう。

名刺やホームページを用意する

フリーランスとして働くためには、まずは自分自身を紹介する名刺が必要です。自分自身で営業活動をしなければならないため、この名刺を作ることはマストとも言えるでしょう。また、最近はネットからの発注も当たり前になっています。自分の実績やイラストのサンプル、問い合わせフォームなどを完備したサイトを持つことも大事です。

イラスト投稿サイトやSNSのアカウントを作成する

フリーランスにとって営業活動は、仕事を獲得するためにも特に力を入れるべき業務のひとつです。とはいえ、直接クライアントをまわって売り込みをするのは時間も手間もかかってしまいます。そこでおすすめなのが、SNSの活用です。イラストや漫画の投稿ができるpixivのようなサイトや、Twitter、Facebook、Instagramなどのアカウントを作成し、積極的に作品を投稿して効率的にPRをしていきましょう。

ポートフォリオを制作する

フリーランスのイラストレーターが仕事を獲得するためには、自分のスキルを知ってもらうことが大切です。自分の実績や技術の幅、実力をクライアントに伝えるための作品集「ポートフォリオ」を制作しておきましょう。自分のサイトを持っている場合には、ウェブ上でポートフォリオを公開するのもおすすめです。クライアントが判断しやすくなり、受注へとスムーズにつながるはずです。

コミュニケーション能力や会計処理能力を高める

フリーランスになると、案件の管理や進行も自分自身でしなければなりません。たくさんの仕事を丁寧に行うために、クライアントの名前を覚えたり、要望をしっかり汲み取ってイラストに反映させるようなコミュニケーション能力も要求されます。
また、売上が上がれば金銭を管理する会計処理能力も必要になります。税金の納付や請求書の送付と言った雑務も行わなければならないので、業務の一連の流れをしっかりと理解しておく必要があります。その分、自分の頑張りは自分の利益に直結しますし、自分のペースで働くこともできるのです。

クラウトソーシングなどを利用して実績を作る

フリーランスにとっての大きな武器は「実績」です。クライアントの立場からすれば、全く実績のない人よりも数多くの実績を持った人のほうが仕事を頼みやすいのは当然のこと。フリーランスのイラストレーターを目指すのであれば、クラウドソーシングや知人からの紹介、SNSなどを利用して仕事を獲得し、たとえ単価が低い仕事であっても実績を積み重ねていくことが大切です。

*イラストレーターの実績の作り方に関してはこちらの記事をご覧ください。
⇒「信用・信頼を得て仕事をもらおう!イラストレーターの実績の作り方」

フリーランスのイラストレーターは、自分でさまざまな業務を行わなければならない大変な一面もあります。しかし一方で、利益が全て自分の報酬になったり、好きな時間に働けるといったメリットもあります。イラストレーターになりたいという方は、フリーランスという働き方も選択肢の一つとして考えてみましょう。

PAGE TOP