file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

キャラクターデザイナーになるには? 目指すルートと求められるスキル

キャラクターデザイナーになるには? 目指すルートと求められるスキル

アニメやゲーム、企業のマスコットなどのキャラクターをゼロから作り上げる「キャラクターデザイナー」。ストーリーや世界観、商品のコンセプトなど決められた設定に従ってビジュアルをデザインしていく仕事で、クリエイティブな才能を生かして自分の作品をたくさんの人に知ってもらえるやりがいのある職業のひとつです。
今回は、キャラクターデザイナーを目指す人のために、詳しい仕事内容や必要なスキルなどを詳しく解説していきます。

キャラクターデザイナーとは?

アニメやゲーム、企業広告やWebサイトなど、私たちの周りにはジャンルを問わずさまざまなキャラクターが存在しています。そのキャラクターをデザインしているのが「キャラクターデザイナー」です。

キャラクターデザイナーは、ゼロの状態からオリジナルのキャラクターを作る場合もありますが、もともとあるキャラクターの衣装や髪型などをデザインする場合もあります。広告宣伝効果や売り上げなどに直結する部分でもあるため、高いデザインセンスが求められる難易度の高い仕事です。キャラクターデザイナーの具体的な仕事内容は以下になります。

クライアントの要望のヒアリング

クライアントが指定するコンセプトや企画内容をもとにして、キャラクターのイメージを固めていきます。具体的なビジュアルや雰囲気など細かな要望をヒアリングしながら、クライアントの理想とするイメージを探ります。

ラフスケッチの作成

ヒアリングした情報をもとにしてラフスケッチを作成し、クライアントの企画案に合っているのかをすり合わせしていきます。クライアントのイメージに合わない場合には、全て描き直しになることもあります。ある程度時間をかけながら、キャラクターのイメージを固定していくことが大切です。

キャラクターの仕上げ

キャラクターが具体的に決まったら、画像編集ソフトなどを使って配色をして納品できる状態へと仕上げていきます。色味などは実際にパソコンで作成するとラフの状態とは雰囲気が変わることもあるため、こまめにクライアントへ確認しなくてはいけません。

キャラクターデザイナーになるためのルート

キャラクターデザイナーになるには、必ずしも特別な資格や学歴が必要というわけではありませんが、レベルの高い画力が必須になります。美術系大学やアニメ・ゲームの専門学校などで基礎的な知識を学んだ後、以下のようなルートで目指すのが一般的です。

ゲーム・アニメ制作会社やWEBデザイン会社などに就職する

キャラクターデザイナーとしてのキャリアをスタートするには、まずはゲームやアニメの制作会社やWebデザインの会社などに就職をして、実績を積んでいくという方法がおすすめです。

最初のころは線画や着色などの基本的な業務を担当することが一般的ですが、こういった仕事を担当することでキャラクターを作るまでの流れを理解しやすくなります。
下積み時代がもどかしく感じてしまう人もいると思いますが、将来独立することを考えても決して無駄な時間ではないはずです。

フリーのイラストレーターとして実績を積む

現在キャラクターデザイナーとして活躍している人のなかには、企業には就職せず、フリーランスのイラストレーターとして実績を積んでから、キャラクターデザイナーになったという人も少なくありません。ただし、フリーランスとして仕事を依頼してもらうためには、イラストレーターとしての実積がきちんと評価されている必要があるため、アニメやゲームの制作会社に就職をしてキャリアをスタートする方法と比べると、難易度はかなり高くなります。

キャラクターデザイナーに求められるスキル

キャラクターデザイナーになるためには、高い画力やデッサン力があることはもちろんですが、それ以外にも下記のようなスキルが求められます。

新しいキャラクターを生み出す発想力

キャラクターデザイナーの仕事は、新しいものをゼロから作り上げていく発想力が不可欠です。決められた枠を飛び出して自由に物事を考えられる人や、ひとつのヒントから世界観を広げることができる人に向いている仕事だと言えるでしょう。

クライアントの要望を形にするコミュニケーション能力

オリジナルのキャラクターを作り上げていくためには、クライアントの要望をしっかりとヒアリングすることが大切です。相手の望んでいることや、思い描いているイメージをきちんと聞き取るためにも、高いコミュニケーション能力を身に付けておく必要があります。

グラフィックツールや2DCGソフトの操作スキル

キャラクターデザイナーの仕事をする場合、グラフィックツールや2DCGソフトのスキルが必要だといえます。基本的な操作は問題なく行えるようにしておきましょう。

キャラクターデザイナーの魅力は、なんといっても自分の作品を多くの人に知ってもらえるチャンスがあるということ。描画スキルやクリエイティブな才能に自信のある人は、上記の内容を参考にして、キャラクターデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP