file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

ジャンルによって違う? 漫画家の仕事内容と流れについて

ジャンルによって違う? 漫画家の仕事内容と流れについて

「絵を描くことが好きだから」と、漫画家になることを希望する人は多いもの。とはいえ、漫画家の仕事内容は絵を描くことだけではありません。実際に活躍中のプロ漫画家はどのような仕事をしているのでしょう? ここでは、多岐に渡る漫画家の仕事内容についてご紹介します。

漫画家の基本的な仕事の流れ

趣味で漫画を描く場合は、下描きなしにいきなりペンを持つこともあるかもしれませんが、プロは異なります。まず基本的な仕事の流れを確認しておきましょう。下記は、紙とペンを使って漫画を仕上げるものになりますが、最近ではネームの段階からパソコンの作画ソフトなどを使って仕上げる漫画家が多くなっていいます。

プロット

プロットとは、全体構成や大筋の展開のこと。ページ数に合わせ、登場するキャラクターや盛り込むエピソードを簡単にまとめたものです。まとめ方は人それぞれで、決まった形式があるわけではありませんが、この段階で編集者と打ち合わせをすることもあります。

ネーム

プロットに沿ってコマ割りをし、キャラクターの配置やセリフなどをおおまかに書き入れたものを「ネーム」といいます。ネームができたら編集者のチェックを受け、必要があれば手直しをします。

ペン入れ

編集者のOKが出たら、ネームにそって原稿用紙に鉛筆などで下描きをします。その後、ペンとインクを使って、線を入れていきます。現在ではパソコンで仕上げをする作家さんが多くなっています。必要に応じて筆やマーカーを使うことも。また、人気作家の場合、メインのキャラクター以外はアシスタントが担当することもあるようです。

ベタ塗り、トーン貼り

ペン入れがすんだら、仕上げです。ベタ塗りは、例えば髪の毛などを黒いインクや墨で塗りつぶすことを言います。トーン貼りは、スクリーントーンと呼ばれるさまざまな模様がデザインされたフィルムを貼ることです。服の模様、背景などに使うことで、漫画が生き生きと仕上がります。

漫画家の主な仕事内容

漫画家になった場合、どのような媒体で仕事をすることになるのでしょうか。最初に思い浮かぶのは漫画雑誌で漫画を描く仕事ですが、実はそれだけではありません。少し意識して周りを見てみると、漫画雑誌以外のさまざまな媒体に漫画が掲載されていることに気づくはずです。それでは、漫画家の具体的な仕事内容について見ていきましょう。

週刊誌や月刊誌の仕事

漫画家の仕事としていちばん多いのが、週刊誌や月刊誌などの雑誌に漫画を描くことです。掲載形態は、連載の場合もあれば単発読み切りの場合もありますが、いずれの場合も、編集部の依頼を受け、締め切りまでに完成した原稿を納品します。

もちろん、依頼と納品の間には、プロットの確認やネームチェックなど、編集部との打ち合わせが欠かせません。世の中の動きやトレンド、対象読者の趣向といったことをふまえながら、より読者の心をつかむ漫画になるように編集部の担当と二人三脚で仕事を進めていきます。そのため、円滑なコミュニケーションが大切だといえます。

連載の場合、月刊誌の締め切りは月に一度ですが、週刊誌は毎週締め切りがやってきます。スケジュールの組み方は出版社によっても異なりますが、ペン入れをしながら次号のプロットを提出しなければならないなど、なかなかハードな面も。また、締め切りに遅れることなく仕事を進めるために、アシスタントを雇って仕事を割り振りながら作業を進めることが一般的です。

企業や官公庁の広告・広報の仕事

漫画家に漫画制作を依頼してくるのは、週刊誌や月刊誌、新聞などの編集部だけではありません。特に漫画がひとつの表現手段として一定の認知を受けた現代では、企業の広告や官公庁の広報などに漫画が活用されることも多くなってきました。

こうした企業や官公庁などの依頼で作品を制作する場合は、週刊誌などに掲載する作品を制作する場合に比べても、さらにクライアント側の要望を細かく、そして確実に汲み取る必要があります。そのために何度も打合せが繰り返されます。また、クライアント側は漫画の制作に慣れていない場合が多いので、できる限りこちら側でリードするようにしましょう。

漫画家自身の世界を持つのは大切なことですが、クライアントの要望を聞いてそれに合わせた作品世界を作り上げるのは、プロの漫画家として重要なこと。
相手の要望をしっかり聞き取り、独自の世界観とすりあわせてクライアント側を納得させる作品を作りあげるために、プロ漫画家にはコミュニケーション能力も求められているのです。

文化人としてのメディアの仕事

人気漫画が続々と放出され、映画化、ドラマ化される漫画は増える一方。海外でも日本の漫画が一定の人気を得るなど、文化的側面から見た漫画の位置づけはここ数年でもぐんぐん向上してきています。それにつれて、「漫画家」という職業も人々の注目を集め、文化人としてTVや雑誌、新聞などのメディアでコメントを求められることも多くなりました。

なかには、週刊誌などの連載を抱えながら、TVのレギュラー番組を持つといった、タレントのような活躍をする漫画家もいます。現代の漫画家の仕事内容は作画に留まらず、幅広い分野での能力が求められているのです。

漫画家の仕事内容や流れについて、基本的なことをご紹介しました。お伝えしたように、漫画家の仕事には、週刊誌や月刊誌連載以外にも、さまざまなものがあります。また、仕事として漫画を描く際は、編集部やクライアント側の要望に沿うことも大切です。漫画家を目指しているのであれば、上記を参考にして自分の将来像を思い描いてみてくださいね。

PAGE TOP