file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

初心者におすすめ! 漫画家になるなら絶対揃えたい必須道具

初心者におすすめ! 漫画家になるなら絶対揃えたい必須道具

紙とペンさえあれば漫画は描けるもの。とはいえ、商用レベルの漫画作品を制作するには、それなりの道具が必要になってきます。プロ漫画家によく使われている一般的な道具と、それらの使い方などについてご説明しましょう。

漫画を描くために必要な基本の道具

漫画は紙とペンさえあれば描くことは可能ですが、その種類はさまざま。それぞれの漫画家が自分の好みと作品に合わせて道具を選んでいます。ここでは、漫画家が使う基本の道具についてご紹介していきます。

原稿用紙

紙に関してはにじみにくさやペンの滑り方など、タッチの好みで選ぶ漫画家がほとんどです。またB5判の本に掲載される作品なら、ひとまわり大きなB4判の用紙に、A4判の範囲で描いて縮小印刷されることが多いようです。

つけペン

ペンは軸にペン先を取りつけてインクをつけて使うつけペンで、線に変化がつけやすく汎用性の高いGペンが主流です。とはいえ細部への描き込みに便利な丸ペンや一定の細さの線が描きやすいスクールペンなども広く使われていますし、ミリペンやサインペン、製図用のロットリングなどを使う漫画家もいます。

インク

漫画を描くときに使うのは黒いインクです。ペン先によくなじんで描きやすく、速乾性にも優れているものを選ぶといいでしょう。その条件を兼ね備えた製図用のインクは、プロでも愛用している人が多いといわれています。また、墨汁で代用している人もいるようです。

鉛筆・消しゴム

下描き用の鉛筆と仕上げ後にそれを消すための消しゴムも欠かせません。なお鉛筆は、自分の筆圧に合わせて、B、2Bなどの濃い芯を使うようにしましょう。芯が薄くてかたい鉛筆だと描く際に力が入るため、原稿用紙にへこみができてしまいます。消しゴムをかければ鉛筆の線は消えますが、へこみは残ってしまうので注意が必要です。

各種効果を生み出すさまざまな道具たち

上に挙げた基本の道具が揃えば漫画を描くことはできます。とはいえ、商業誌に掲載するレベルの作品となると、絵に力を加えるさまざまな道具が使われていることがほとんどです。

スクリーントーン

漫画の仕上がりに大きな効果を与えると支持されているのが、略して「トーン」とも呼ばれるスクリーントーン。もとはデザイン用の素材で、柄のついたシール状の画材です。ペン入れした原稿の模様をつけたい部分に、つけたい模様のスクリーントーンをかぶせてカッターで必要な形に切り取り、上からこすることで密着させて使用します。
スクリーントーンは現代漫画の作画に欠かせないツールのひとつとなっており、店頭に並ぶ種類も増えています。

スミ、ホワイト

他にも黒い部分を塗りつぶす(ベタ塗り)ための「スミ(墨汁)」、修正や光を表現するために使う「ホワイト(ポスターカラーの白や事務用修正液など)」も多くの漫画家に使用されている道具です。

漫画家によって異なるこだわりツール

この他にも罫線や効果線を引くために必要な直線定規や雲形定規、消しゴムのカスを払うための羽根ぼうき、資料をトレースするために使うトレースボックスなど、漫画家によってさまざまな道具を使いますが、これらは漫画を描くために必須という訳ではなく、必要に応じて徐々に揃えていけばいいでしょう。

デジタルで作画するときに必要な道具

近年、多くの漫画家がパソコンでの作画を行っており、なかにはフルCGで作品制作を行う漫画家もいます。パソコンの出現と進化は漫画の歴史にとって、大きな事件といえるでしょう。上記で説明したようなペンや原稿用紙とは違い、デジタルで作画する場合に必要な道具をご紹介します。

パソコン

デジタルの作画作業はすべてパソコンで行うので、必須の道具です。描いたデータもパソコンに保存します。パソコンにはデスクトップ型とノート型があり、常に同じ場所で作業をするならデスクトップ型、持ち歩きたいならノート型がおすすめです。漫画を描いて重たいデータが増えるとパソコンの動きが遅くなるなどの弊害が出るので、できるだけ性能のいいものを選んだほうが、作業上のストレスは少なくなります。

ペンタブレット

アナログにおける鉛筆とノートの役割をするのがペンタブレットで、専用のペンとタブレットと呼ばれるボードがセットになったものです。デジタルでは、ペンタブレットを使って絵を描き、パソコンに取り込んでいきます。

タブレットには、「板タブ」と呼ばれる広く普及している液晶画面がないタイプと、「液タブ」と呼ばれる液晶画面があるタイプがあります。一般的には画面を見ながら描写できる「液タブ」の方が使い勝手がいいとされますが、「板タブ」の方が安価なので、予算に合わせて選ぶといいでしょう。ネット購入もできますが、家電量販店などで実際の使い心地を試してから購入すると失敗がありません。

漫画制作ソフト

絵に色をつけたり、効果線をつけたり、漫画を仕上げる際に使うのが、漫画制作ソフトです。トーンやインク、ペン先などのあらゆる機能を備え、コマ割りやフキダシの線引きも自由自在にすることができます。
ソフトは無料のもの、有料のものを含め、ピンからキリまであります。ただし、無料の場合、使える機能が少なく、サポート体制がとられていないこともあるので注意しましょう。

漫画を描く道具についてご紹介しました。アナログとデジタルでは、必要な道具が異なりますが、どちらが良くてどちらが悪いということはありません。まずは、自分がどちらの方法で漫画を描きたいのかを決めるといいでしょう。デジタルでもアナログでも、自分の好みや趣味に合った道具を見つけて、どんどん活用してくださいね。

PAGE TOP