file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

漫画がかけない……スランプに陥ってしまったときの対処法

漫画がかけない……スランプに陥ってしまったときの対処法

漫画を描くことが大好きでアイディアもどんどん浮かんでいたのに、なぜか急に筆が進まなくなってしまうことがあります。ストーリーも絵柄も思うように描けず、気持ちばかりが焦る……そのうえやる気も出なくなってしまう……これはいわゆるスランプと呼ばれるものです。では、スランプに陥ってしまったとき、どうすれば脱することができるのでしょうか。スランプ経験者も未経験者も、いざというときのために覚えておきましょう!

スランプとは?

スランプとは、「それまで調子よくできていたことが一時的にできなくなるなど、心身の不振な状態」をいいます。誰にでも起こることで、その状態は人によりさまざま。
例えば漫画家ならアイディアが浮かばない、プロットが作れない、絵が描けないといったことが挙げられます。

それまでうまくいっていたことができなくなると「どうして?」と落ち込んで焦りますが、スランプはあくまでも一時的なものであることを心に留めておきましょう。また、スランプから抜け出すために努力したことで、結果的にステップアップできる場合もあります。

スランプに陥ってしまう原因

スランプの状態が千差万別であるように、スランプに陥ってしまう原因も人それぞれ。ですが、傾向として次のようなことがいえます。

自分にプレッシャーをかけすぎている

前よりさらにいい結果を出さなければ、期待を裏切らないようにしなければなど、自分で自分にプレッシャーをかけすぎるとスランプに陥ってしまうことがあります。ほどよいプレッシャーであればやる気につながるのですが、過度のプレッシャーはNG。自分を押しつぶしてしまうことにもなりかねません。
漫画家の場合は、「担当さんがほめてくれるような漫画を描かなければ」「前作よりおもしろい作品にしなければ」といったケースが挙げられます。

目標設定が高すぎる

今の自分が持っている技術よりもはるかに上を目指してしまった場合、当然ながらなかなか結果を出すことができません。結果が出ないと疲れがたまって自信を失い、何もする気が起きなくなるという悪循環にはまってしまうことも。
例えば、今はまだ漫画の技術を磨いている段階なのに、コンクールでいちばんいい賞を狙うなど、完璧主義の人が陥りがちなので気をつけましょう。

マイナスの思い込みが強すぎる

周りの人に比べて自分が劣っていると感じたり、ひとつ失敗したら全ておしまいだと思ってしまったり、マイナスの思い込みの強さもスランプに原因になります。
失敗できない、周りに負けたくないという気持ちが強ければ強いほど、焦りにつながってしまい、視野が狭まり、冷静な判断ができなくなってしまうことも。ほかの誰かと比べて「自分はダメだ」と決めつけないことを心がけましょう。

スランプに陥ってしまったときの対処法

スランプに陥ってしまったときは、「ステップアップのチャンス」と捉えて気持ちを切り替えることが大切です。次のような方法でスランプを脱しましょう。

絵を描くことから少し離れてみる

机にかじりつき「描かなければ」と思えば思うほど、心は苦しくなってしまいます。ちょっとだけ絵を描くことから離れてみましょう。
気分転換のために、外に出てみましょう。普段は行かないような場所に行ってみるのもいいかもしれません。思わぬヒントやひらめきを得ることがあります。

身近な人に作品を見てもらう

学校の先生や出版社の担当だけでなく、家族や友人など身近な人に作品を見てもらって相談することもひとつの方法です。違う視点からのアドバイスは、自分では見失っていた何かに気づかせてくれることがありますし、身近な人からの励ましがきっと力になるはずです。
ひとりで悩んでいると思考が行き詰ってしまいがちですが、作品を通して誰かと語り合うことで、行き詰まりから解放されるということも期待できます。

まったく別の絵を描いてみる

描いている漫画のキャラクターやタッチとはまったく異なる絵を描くことでスランプから脱出できる場合もあります。
ポイントは、はまり込んでいる世界から自分を切り離すこと。お気に入り漫画やアニメの絵柄を真似して描いてもいいですし、単なる落書きでもかまいません。自由で楽しい気持ちになれる絵を描いてみましょう。

描ける自分をイメージする

描ける自分をイメージする、いわゆるイメージトレーニングも大切だといえます。イメージトレーニングはスポーツの世界ではよく用いられており、漫画を描くことにも応用できます。過度な期待をするのではなく、自分を信じ、できている自分をイメージすることがポイントです。

思うように漫画が描けなくなるスランプはつらいものですが、誰にでも起こりうることであり、多くの場合が一時的なものだといえます。スランプに陥ってしまったときには、ご紹介した方法を試してみてください。少し気持ちの向きを変えるだけで、意外とすんなり脱出できるかもしれません。スランプをバネにしてステップアップし、素敵な漫画を描いてくださいね。

PAGE TOP