file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

漫画に関わる仕事にはどのような仕事がある?

漫画に関わる仕事にはどのような仕事がある?

漫画を描くことが好き、あるいは読むことが好きだから「将来は漫画に関わる仕事がしたい」と考えたとき、ぱっと思い浮かぶのは「漫画家になること」かもしれません。しかし、実は漫画に関わる仕事はほかにもたくさんあります。また、描くことが上手ではなくても漫画に関わる仕事に就くことも可能です。この記事では漫画に関わる仕事についてご紹介します。

漫画家

漫画家は説明するまでもなく漫画を描く人ですが、発表する媒体はさまざまです。週刊誌や月刊誌などの雑誌のほか、学習教材、広告やWebなど。基本的には編集部や依頼主と相談しながら描いていきます。
そのため、絵がうまいというだけでは通用しない世界です。相手の意向をくみ取ってストーリーを構成する力、キャラクターを生み出す豊かな発想力、効果的にコマを割る技術やページを展開する力量なども必要とされる仕事です。時には自ら取材に出向いて、必要なネタを仕入れてくることも。

漫画家になるには?

一般的なルートは、漫画雑誌が主催している新人賞への応募、もしくは出版社への持ち込みです。力が認められればデビューにつながり、人脈ができれば仕事の幅も広がっていきます。
また最近は、インターネット上に個人的に発表した漫画が編集者の目にとまり出版につながるというケースも増えてきました。漫画家を目指すのであれば、どんどん描き、描けたら何らかの形でアウトプットすることが大切です。

アシスタント

アシスタントは、漫画家が漫画を描く補助をする仕事です。プロの場合、原画作成にはスケジュールがあるため、売れっ子になればなるほど一人で作業をこなしていたのでは間に合わなくなってしまいます。
アシスタントに任される仕事内容は漫画家によっても異なりますが、よくあるのは、消しゴムかけ、色塗りやベタ塗り、背景の描写、スクリーントーンの貼り付け、ホワイトでの修正、効果線入れ、資料集めなど。複数のアシスタントがついて分担する場合もあります。また、掃除や食事の支度といった雑用を頼まれることもあります。

アシスタントになるには?

漫画雑誌で募集がかかるほか、アシスタント募集を掲載しているサイトもあります。ちなみに、最近はデジタル処理をして納品する漫画も増えてきました。代表的な画像処理ソフトなどの扱いにも慣れておきたいところです。

編集者

企画を立て、必要な人材を手配して本や雑誌を作る編集者。漫画雑誌の編集部に勤務したり、漫画の企画を立てたりすることで、漫画と関わることができます。
仕事内容はさまざまです。より読者に伝わりやすい展開や構成を漫画家と一緒に考えたり、漫画家から届いたコマ割りやネーム(セリフの入った下書き)をチェックしたり、時には必要な資料を揃えたりすることもあります。
実際に絵を描くことはないので、「漫画は好きだけど絵を描くのが苦手」という人でも就くことのできる職種です。

編集者になるには?

一般的には、出版社か出版社の下請けをする編集プロダクションに就職します。経験を積めば、フリーの編集者として活動することも可能です。
漫画家やアシスタントは学歴不問ですが、出版社の場合は4年制大学卒業以上を条件としているところが多いようです。編集プロダクションも、専門学校などで編集について学んだ人やこれまでの経験などを重視する会社が多いので、高校卒業後、大学か専門学校へ進んでおくといいでしょう。そうでない場合、アルバイトから始めるという道もあります。

イラストレーター

イラストレーターの主な仕事は編集者や依頼主の要望に合わせてカットを描くことですが、漫画を描く技術が活かせる仕事でもあります。描くことは好きだけれどストーリー展開を考えることが苦手な人には、向いているといえそうです。2~4コマ程度の漫画カットを依頼されることもあります。

イラストレーターになるには?

特に学歴は必要ありませんが、専門学校や美術系の大学で基礎を身につけ、広告制作会社やデザイン会社などに就職するのが近道だといえそうです。もちろん、実力があればいきなりフリーとして活躍することも可能ですが、経験を積んでからフリーになる人が多いようです。

絵本作家

テーマを決めてストーリーを作り、キャラクターを動かして展開する……表現方法は違いますが、絵本作家も漫画に関わる仕事のひとつといっていいでしょう。実際に漫画が絵本になることもありますし、逆のパターンもあります。ページごとに大胆に描くことが得意なら、絵本作家を目指してもいいのではないでしょうか。

絵本作家になるには?

一般的には、コンテストへの応募か出版社への持ち込みのどちらかです。絵の技術はもちろん必要ですが、ストーリーを構成する力も重視されます。コンテストや持ち込みに備え、オリジナル作品を描きためておくといいでしょう。

同人作家

市販される商業誌ではなく、同人誌に作品を発表する同人作家も漫画に関わる仕事のひとつといっていいでしょう。漫画を描いて同人誌を作り、即売会などのルートを通じて販売します。ただし、この収入だけで生計を立てられるのは、人気のあるほんの一握りの同人作家だけです。

同人作家になるには?

自分で同人誌を作れば立派な同人作家です。漫画サークルなどに参加して描くという方法もあります。

ご紹介したように、漫画に関わる仕事はさまざまあります。漫画家よりもアシスタントのほうが向いているということもあるかもしれません。または、自分で描くよりも企画を立てて制作する編集者のほうが、やりがいがありそうと感じる人もいるでしょう。
自分がどんなふうに漫画と関わっていきたいか、自分にはどのスタイルが向いているか、記事の内容を参考にしてぜひ考えてみてください。

PAGE TOP