file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

著作権侵害を避けよう! 漫画家になるからには知っておきたい著作権とは?

著作権侵害を避けよう! 漫画家になるからには知っておきたい著作権とは?

漫画家になるためには、トレースや模写などの練習が欠かせません。そもそも、子どものころに憧れの漫画家の絵をマネして描くところから「漫画家になりたい」という夢を抱くようになった方というも多いのではないでしょうか。
しかし、プロとして活動することを目指すなら、描いた作品が著作権侵害にならないように気をつける必要があります。この記事では、漫画を描く際に注意したい著作権についてご説明します。

漫画を書く際に注意すべき「著作権」とは?

初めに、ニュースなどでもよく耳にする「著作権」について理解しましょう。
世の中には、漫画をはじめ、映画、音楽、イラスト、ゲーム、文章などさまざまな作品が発表されています。こういったものを「著作物」といい、作った人のことを「著作者」といいます。そして、著作者に与えられている権利が「著作権」です。

わかりやすくまとめると、著作物を使用できる権利は著作者にあるということ。つまり、著作者の許可を得ずに第三者が真似をして自分の作品として発表したり、自分が作ったと偽り、自由に使ったりすることはできないということです。これは法律によって守られている権利なので、違反した場合は、著作権侵害として罰金や罰則が科せられます。

ただし「著作権フリー」といって、著作者が著作権を放棄している作品もあります。例えば、写真やイラストなどの素材サイトで「フリー素材」として扱われているものがそれにあたります。この場合は、素材を利用しても著作権侵害には当たりません。

著作権侵害をしてしまった場合の罰金、罰則

著作権侵害は法律違反ですが、「親告罪」ですので、罪に問われるのは著作権が侵害されていることを知った著作者が訴えを起こした場合になります。罰金、罰則は「10年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金」と定められています。

また、著作者の許可を得ずに内容を変更して発表したり、ペンネームであるところを勝手に本名にして発表したりという場合は著作者人格権侵害となり、「5年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金」を科すことが定められています。

懲役の期間や罰金の額は権利を侵害した度合いによって変わりますが、いずれにしても重たい罪であることに変わりはありません。漫画家を目指すのであれば、著作権についてしっかりと理解しておきましょう。

漫画を描く際に著作権侵害をしてしまう可能性があるケース

漫画を描く際に、ついつい著作権侵害をしてしまうケースがいくつかあります。ぜひ覚えておきましょう。

著作権放棄されていない写真、イラストのトレース

絵の技術を磨くために、写真やイラストをトレースしたり、お手本として模写したりすることがあります。こういったトレースした作品を外部に発表してしまうと、著作権侵害となります。発表の場が、身近な人しかアクセスしない自分が運営しているウェブサイトであったとしても……です。たとえ、どんなに上手に描けたとしても、自分の作品として発表することはできません。

それでは、全体をトレースしたり模写したりするのではなく、一部だけを利用した場合は、どうなのでしょうか。こういったケースは、著作者に訴えを起こされ、裁判所が「著作権を侵害している」と判断すれば、それに従うことになります。
「訴えを起こされなければセーフなの?」と思う人もいるかもしれませんが、漫画家として活動していくことになれば、自分の漫画の「著作権」を守っていく立場になります。たとえ作品の一部であっても、無断でトレースされるのはいい気がしませんよね。互いが気持よく活動できるように、「グレーと判断されることはしないこと」を心がけていきましょう。

ネタ、ストーリーの盗作

論文や小説など文章の世界でも問題になることがありますが、ギャグのネタやストーリー展開など「著作者のアイディア」をそっくりそのまま使った場合は、著作権侵害となります。
漫画を描いていてアイディアやネタ出しに行き詰まったとき、おもしろい作品のネタを使ってしまいたくなることもあるでしょう。ですが、その作品も著作者が苦しみながら生み出したものかもしれません。
自分がアイディアを練る刺激、きっかけとする分には構いませんが、まるごと盗用することは絶対にやめましょう。

素材の無断使用

著作権を放棄していない素材を無断で使った場合は、著作権侵害に該当します。著作権フリーではない素材を使う場合は、「利用料を払う」「著作者を明記する」など、著作者が定めたルールがありますので、それに従うようにしましょう。

漫画と著作権侵害の関係についてお伝えしました。法的な取り決めはわかりにくいこともありますが、自分の漫画を投稿したり発表したりする場合は、「オリジナルでなければならない」というルールを守るようにしてください。それを徹底していれば、著作権侵害に問われる心配はありません。漫画家として活躍したいのであれば、著作権についての知識をしっかりと身につけておきしましょう。

PAGE TOP