file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

動画マンから原画マンへ! 原画マンの主な仕事内容

動画マンから原画マンへ! 原画マンの主な仕事内容

ひと口に「アニメーター」といいますが、担当する業務によって「動画マン」と「原画マン」に分かれています。アニメーターとして採用されたときにまず担当するのが、動画マンの仕事です。動画マンとしてキャリアを積み、仕事ぶりが認められると原画マンへとステップアップするという流れになっています。それでは、原画マンの仕事とはどういったものなのでしょうか。今回は、原画マンが担当する業務についてご説明します。

アニメーターの仕事の一種である原画マンとは?

動画マンとともに「アニメーター」にくくられる原画マンは、「原画師」、「原画担当」と呼ばれることもあります。仕事の分担としては、原画マンは原画を担当し、動画マンは原画を清書したり、原画マンが描いた原画が滑らかな動きになるように原画と原画の間の絵(この絵のことを「動画」と呼ぶ)を描いたりします。

ただし、動画マンが原画マンの下請けというわけではなく、それぞれが専門職として成り立っています。そのため、キャリアを積んでも原画マンにならずに動画マンとして働き続ける人がいることも覚えておきましょう。

また、原画マンになったら原画マンとしての仕事のみを請け負うというわけではありません。原画マンになりたてのころは、原画マンと動画マン、ふたつの仕事を並行してこなすこともあるようです。

原画マンの主な仕事内容

原画マンは具体的にどのような業務をこなすのでしょうか。一般的な流れについて順を追ってみていきましょう。

作品概要を確認する

まずは担当することになったアニメの絵コンテ(ラフスケッチ)やキャラクター設定、必要資料、レイアウト用紙や動画用紙などを受け取り、作品概要を把握します。絵コンテを作成するのは一般的には作画監督ですが、場合によっては演出家などほかの人が描くこともあるようです。

打ち合わせをする

作品概要を把握したら、作画監督や演出家と細かい打ち合わせをします。作品の方向性、特にこだわって見せたいシーン、どのようにキャラクターに演技をさせたいか、表情はどう動かしたいかといったことを確認するほか、疑問点があれば質問して解消するようにします。受け取った絵コンテが変更になっている場合もあるので、作業を始める前にしっかりと確認することが大切です。
打ち合わせは対面ですることもあれば、電話ということもあり、ケースバイケースです。

レイアウト用紙に背景やキャラクターを描く

絵コンテをもとにテレビ画面での見え方を考えながら、場面ごとの背景やキャラクターの位置をレイアウト用紙に描いていきます。必要となる背景画やキャラクターの動きを確認するものになるので、ある程度しっかり描かなければなりません。このときに「実際の原画ではこう描く」という案も合わせて作成します。

タイムシートを作成する

タイムシートは、原画をもとに動画を作るための細かい指示書のようなものです。原画に対して必要となる動画の枚数、シーンに関する説明などを詳しく書き込んでいきます。

レイアウトチェックを受ける

レイアウト用紙に描いた設定とタイムシートを提出して、レイアウトチェックを受けます。必要に応じて手直しをしながら、レイアウトを完成させます。

原画を描く

レイアウトが決まったら、動画用紙という用紙に原画を描いていきます。この原画をもとに動画マンが清書をしたり、滑らかな動きに見えるように動画を描いたりするので、その作業がしやすいように考慮して手を抜かずに描く技量が必要です。

原画とタイムシートのチェックを受ける

原画ができたら、タイムシートとともに作画監督に提出してチェックを受けます。修正指示が入ることもありますが、チェックを通れば無事に原画の完成です。原画とタイムシート一式が動画マンに送られます。

動画マンから原画マンになるためにするべきこと

動画マンは原画マンの描いた原画を見ながら仕事をしますが、原画マンは絵コンテをもとに、ゼロから場面を作り上げなければなりません。それだけクリエイティブな力が求められる仕事です。

原画マンの原画から学ぶ

受け取った原画から学べることがたくさんあるので、動画マンとしての仕事をきちんとこなしながら、原画マンの技術を習得することを心がけていきましょう。もちろんスケジュールを守って仕事をすることも原画マンになるためには大切です。

どんどん描く

時間を作り、絵コンテから自分なりの原画を描く練習、苦手を克服したり得意をアピールしたりするための練習もしておきましょう。特に表情や動きのある絵が上手に描ける人は原画マン向きといわれています。

動画マンとしての経験を積む

動画マンから原画マンへの昇格は1~2年程度の動画マン歴が目安とされていますので、その数字を具体的な目標として経験を積むといいかもしれません。実力が認められれば原画マンへの道が開けるでしょう。

原画マンの仕事内容は理解できたでしょうか。動画マンもやりがいのある大切なポジションですが、原画マンになるといっそう「自分が手がけた作品」という思いが強くなります。アニメーターの第一歩は動画マンですが、必要なことを吸収しながら原画マンとして活躍できるように、日々、さまざまなことを学んでくださいね。

PAGE TOP