file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

独学でもアニメーターになれる? どんなことを勉強すれば良い?

独学でもアニメーターになれる? どんなことを勉強すれば良い?

あこがれのアニメーターになりたいと思ったとき、まず思い浮かぶのが専門学校や美術系大学に進学して学ぶことではないでしょうか。しかし、独学でなる人も中にはいます。では、独学でアニメーターになるためにはどんな勉強が必要なのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

アニメーターに学歴は必要?

まず気になるのが学歴ですが、アニメーターになるにあたって必ずしも学歴が求められるとは限りません。アニメーターに必要とされるのは「画力」、つまり絵を描く技術。画力があれば、学歴のない独学の人であってもアニメーターとして働くことは可能です。
ただ、アニメーターとして仕事をする以上はひとりの社会人という立場になります。一般常識や人との関わり方を学ぶためにも、高校までは出ておいたほうがよいかもしれません。高校を卒業していれば、万が一アニメーター以外の仕事を探すことになったときにも選択肢が増えますし、絵の技術をもっと磨きたいと思ったときに専門学校や大学に進む道も開けます。

独学でアニメーターを目指すときに勉強しておいたほうが良いこと

独学でアニメーターを目指す場合、どのような勉強をすればよいのでしょうか。「画力」は、どういうところで判断されるのでしょうか。確認しておきましょう。

絵(人物、背景、メカなどすべて)の練習

アニメは、すべてを絵で表現する世界です。どんな依頼がきても描けるように、日々練習をしておきましょう。
人物だけではありません。動物や植物、建物、メカなどを依頼されることもあります。ポーズや表情もパターンが決まっているわけではありません。横、後ろ、俯瞰など、さまざまな角度で描く技術も必要です。同時に、人物だけ、建物だけを単体で描くのではなく、遠近法を意識した構図で人物や建物を配置して描く練習もすることをおすすめします。

独学の場合、どうしても自分の好きな物や得意な物を中心に描くことが多くなりがちです。学校の課題なら苦手なジャンルの練習もこなさなければなりませんが、独学はそのあたりが自分の意思に任されます。身の周りにあるさまざまなもの、特に苦手な物を描く練習も忘れないようにしましょう。練習して苦手意識をなくしておくことは、大切なことです。

デッサン、模写、トレースでひたすら勉強する

人物や静物、建物などを下書きするデッサン、お手本となる作品をそのまま複写するように描く模写、下絵をなぞるトレースなども画力をつけるための勉強法です。特にアニメでは、トレースや模写で描くことも多いので、ぜひ勉強しておいてください。いろいろな方法で描くことを習慣にするとよいでしょう。

ポートフォリオを作成し、持ち込む

ポートフォリオとは「作品集」のことです。人物画や風景画のデッサン、構図を考えた作品、トレース作品、模写作品などをファイルにまとめて、アニメの制作会社などに持ち込むことも勉強のうちです。

学校に通っていれば先生に批評してもらうことができますが、独学では他の人から意見やアドバイスをもらえる機会が少なくなります。「うまくできた」と自分では思っていても、第三者の目で見たら「まだまだ」ということもなきにしもあらず。自分の力を客観的に判断するためにも、さまざまな会社に持ち込んでアドバイスをもらうようにしましょう。
厳しい言葉が返ってくることもあるかもしれません。ですが、その言葉が自分を伸ばすきっかけになることも確かです。

アニメーターに関することが学べる学校に入学するメリット

独学でもなれるアニメーターですが、学校には学校のメリットがあることも覚えておきましょう。主なメリットを挙げてみます。

指導者がいる

教えてくれる先生がいるという点は、学校の大きなメリットです。独学では気づけないこと、効率的な練習法などもアドバイスしてもらえます。

苦手なことにも取り組める

独学だとどうしても苦手なことを避けてしまいがちですが、学校に通うとそうはいきません。苦手な課題に取り組めることはメリットのひとつ。
プロになったら「苦手だから」という言い訳は通用しません。強制的にでも苦手な課題に取り組まなければならないことは、自分の技術を上げるためにも大切だと言えます。

同じ志の仲間がいる

学校に行けば、同じアニメーターを目指す仲間が大勢います。気持ちがくじけそうになったときも励まし合いながら勉強することができますし、教え合ったり就職に関する情報交換をしたりすることも可能です。さまざまな人と接することで、刺激も得られるでしょう。

アニメ制作の現場は実力主義の世界なので、独学でもアニメーターになることは可能です。ただ、独学だとどうしても自分の価値観に偏ってしまいがちです。時間の管理など、学校に通うよりも自分を律していかなければならない場面もたくさんあります。
もしもアニメーターを目指すのであれば、アニメについて学べる専門学校に通うことをおすすめします。専門学校での経験は、技術を磨く上でも自分の世界を広げる上でも、きっと役立つはずです。

PAGE TOP