file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

アニメーターになるにはどうすればいい? 資格や学歴は必要?

アニメーターになるにはどうすればいい? 資格や学歴は必要?

日本のアニメは世界を牽引する非常にレベルの高いコンテンツです。ここでは、アニメーターを目指す方のために、アニメーターになるための方法をご紹介します。

アニメーターについて

アニメーターとはアニメの制作工程の「作画」を担当する人を指します。
現在では、たくさんのテレビアニメが制作されているだけでなく、映画やWEBなどさまざまな媒体で取り扱われています。そのため、アニメーターは非常に需要のある職種であるといえます。
ただし、激務として知られており、時には徹夜で作業することもあるようです。アニメが好きで、絵を描くことに喜びを感じる人でなければ、なかなか続けられない職種だといえます。

資格や学歴は必要? アニメーターに必要な能力

アニメーターはアニメに関する仕事の中でも特に人気の高い職業のひとつです。アニメーターを目指す上で必要な資格や学歴は特にありませんが、キャラクターや背景などを動かすために一枚一枚絵を描いていくのが主な仕事ですので、高い画力や模写力は不可欠だといえるでしょう。

特にアニメーターになりたての頃は、先輩アニメーターが描いた原画と原画の間に入る絵を描いて動きをつける「動画マン」という役割を任されるのが一般的です。この作業では原画を精巧に再現する必要があるため、高い模写力がなければ務まりません。また、根気のいる作業ですので、集中力を持続させられる能力も重要になってくるでしょう。

アニメーターになるにはどんなルートがある?

アニメーターになるには、プロとしてクオリティの高い仕事をこなすための画力が必要になります。そのためには、まずはアニメの専門学校や美術系の大学など専門的なカリキュラムを組んでいる学校で絵について学ぶことが一般的でしょう。卒業までに、プロとして仕事をしていく上で必要な基礎スキルを身につけることで、アニメーターへの道が開けます。

専門学校と美術系大学の違いとしては、専門学校はより実践的な学びができるのが特徴で、即戦力となる技術を磨くことができるのに対し、美術系大学では技術的なこと以外にも一般教養やデザイン理論など幅広い知識を学ぶことができます。
そして卒業後にはアニメの制作会社などで実力を積んでいくことになります。

アニメーターとして働く方法

学校で基礎的な能力を身に付けた後は、どのような道があるのでしょうか。アニメーターとして働くためには、大きく分けて2つの方法があります。

会社に所属して働く

制作会社に所属すれば、安定して働くことが可能です。そのかわり、所属する会社の請け負ったアニメが自分の好きなジャンルと異なったとしても、会社からの指示に従って仕事をしなければいけません。
制作会社に入るためには、定期的に行っている採用試験に合格する必要があります。会社によっては作画スキルテスト以外に、面接や筆記試験などを行います。
求人情報は、アニメ専門の学校や美術大学など、教育機関に開示する場合が多いようです。自社のサイトに募集要項を記載している会社もあります。

フリーランスとして働く

フリーランスは制作会社などに所属せず、自分一人で活動します。そのため、仕事を自分で選ぶことができます。しかし、請求や税務、営業などを自分で行わなければならず、リスクが高いといわれています。
アニメ業界は制作されるタイトル数が年々増えているにも関わらず、アニメーターが減っている現状があります。そのため、アニメーターの需要が高まっており、フリーランスの人でも比較的安定して仕事を得ることは可能でしょう。ただし、こういった状況がいつまで続くのかは分かりません。

フリーランスとして活動するためには、実績を積み、一人前のアニメーターでないと続けることは難しいでしょう。仕事を得るためには、制作会社(クライアント)に実力を認められなければなりません。
過去に参加した作品を積極的にアピールして、製作会社に実力をアピールしていきましょう。そして、新たに得た仕事で実力を認められることでフリーランスとして安定した仕事を得ていくことが可能になっていきます。

いずれにしても、画力や作業スピードが求められますので、アニメーターを志望する方は、教育機関に身を置いて基礎を学ぶことをおすすめします。
東京アニメーター学院専門学校では、アニメーターになるために必要な知識、技術を身につけるためのカリキュラムが組まれています。また、有名アニメーターが授業を担当しますので、アニメの制作現場をより身近に感じることができます。アニメーターを目指す方は、ぜひ一度こちらのページをご覧ください。

PAGE TOP