file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

まずはここから! 動画マンの主な仕事内容

まずはここから! 動画マンの主な仕事内容

アニメーターに応募して採用されたら、まずは「動画マン」として仕事をスタートさせます。実は「アニメーター」としてひとくくりで呼ばれる職種は、「動画マン」と「原画マン」に分かれています。原画マンになるためには、動画マンとしてキャリアを積まなければなりません。どんなアニメーターであっても、スタートは動画マンからです。では動画マンとは具体的にどのような仕事をするのでしょうか。しっかり把握しておきましょう。

アニメーターの仕事の一種である動画マンとは?

アニメーターは、原画を担当する原画マンと、動画を担当する動画マンに分かれて仕事をする職種です。アニメーターとして採用されたら、まずは動画マンとして仕事を始めることになります。1~2年の経験を積んで動画マンの仕事ぶりが認められると、原画マンにキャリアアップするという流れが一般的です。しかし動画マンと原画マンの仕事内容は大きく異なりますので、中には原画マンにならずに動画マンの仕事を続ける人もいます。

動画マンの仕事内容

それでは動画マンの仕事内容について、具体的に見ていきましょう。アニメ制作の会社によって異なる部分もありますが、一般的な流れをご紹介します。

原画と指示書やキャラ設定資料の一式を受け取る

原画マンが描いた原画、指示書一式を受け取るところから動画マンの仕事はスタートします。原画と指示書はカットごとに「カット袋」と呼ばれる大きな封筒に分けて入れられています。仕事のやり取りはカット袋ごとに行われるので、ほかの袋の中身と混同しないように気をつけなければなりません。

指示書は、「タイムシート」と呼ばれる書類と、そのほか設定必要なものが入っています。
タイムシートは、1カットあたりの原画、原画と原画の間の絵(この絵を「動画」と呼ぶ)の枚数、セリフ、カメラワークといった情報を原画マンが記入したもので、動画を描くための大切な資料です。
ちなみに1カットとは、次の場面に切り替わるまでの場面のこと。原画や動画は1カット単位で制作していきます。

原画をトレースする

受け取った原画を動画用紙にトレースしていきます。ここで自分の描いた線が実際のアニメとして使われるため、細心の注意を払って作業をします。カットによって線にばらつきがあったり、原画と雰囲気が変わったりしてはクオリティに関わります。慣れないうちは、先輩にチェックしてもらいながら進めます。

動画を描く

原画をトレースしたら、原画と原画の間をつなぐ「動画」をタイムシートに記されている枚数だけ描きます。原画をよく見ながら、違和感なく表情やポーズが変化するように描いていきます。下書きした動画を原画と原画の間にはさみ、ぱらぱらマンガのように動かしておかしくなければ、きれいに清書するという流れです。

出来上がった動画を後工程の担当者に渡して、動画チェッカーが動画をチェックして作業完了です。制作会社によりけりですが、完成品を原画マンがチェックすることもあります。線がブレたり動きが滑らかでないなどクオリティに問題がある場合は、描き直しといったことも発生します。

ベテランは動画チェックも

基本的な流れは、動画を描いて後工程に引き渡すまでですが、ベテラン動画マンになると動画チェックを担当することもあります。アップしてきた動画を見て、不足している部分を描き足したり、修正したりして、動画のクオリティを上げていきます。

動画マンとして腕を上げるためには

動画マンとして働き始めたら、少しでも多くの経験を積んで、実力をつけたいですよね。具体的にはどういったことをすればいいのでしょうか。

数をこなす

動画マンの大切な役割は、原画が動いているように見える絵(動画)を描くことです。しかも、どんなキャラクターにも対応できなければなりません。実力勝負の世界であり、実力は練習によってしか身につけることのできないものです。ひたすら手を動かして、デッサン、模写、表情やポーズの練習などに励み、技術を習得していきましょう。

苦手意識がなくなるように積極的に練習する

苦手なものも、積極的に描くようにしておきましょう。先輩動画マンの中には、「苦手なものがうまく描けず、何度も描き直しの指示がきたときはとてもつらかった」とインタビューで答えている人もいます。もちろん得手、不得手があるのは仕方のないことですが、練習することで少しでも苦手意識を減らしておけば、動画マンとしていい仕事をすることができるでしょう。

今回は、動画マンの仕事内容についてご紹介しました。動画マンとして仕事をこなすコツもスキルアップするコツも、ひたすら描くことと言っても過言ではありません。プロでなければ好きな物だけ描いていても支障はありませんが、プロとして働く以上、「これは苦手です」とは言えませんよね。しっかりと努力をして、素敵なアニメーターになってくださいね!

PAGE TOP