file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

アニメーターの就職先にはどんなところがある?

アニメーターの就職先にはどんなところがある?

アニメーターとは、アニメーションの制作現場における原画や動画の作成に携わる仕事を担当するのが一般的ですが、その仕事を活かせる就職先にはどのようなものがあるのでしょうか。真っ先に思い浮かべるのはアニメーションスタジオだと思いますが、中には専門のスタジオへ就職したり、フリーランスの道を選択したりする場合もあります。ここでは、アニメーターが活躍できる就職先について考えてみましょう。

アニメ制作会社

アニメーターの就職先として挙げられるのは、まずアニメーションスタジオではないでしょうか。アニメーションスタジオの中でも、元受けと呼ばれる大手のアニメーションスタジオと、グロスと呼ばれる中小のアニメーションスタジオがあります。それぞれの特徴についてチェックしてみましょう。

元受け(大手アニメーションスタジオ)

元受けと呼ばれる大手のアニメーションスタジオ、アニメの企画から実際の放映までを自社で行うことが多く、会社の規模や制作数量などが多いのが特徴です。
自社でアニメ作成のノウハウなども持っており、新人アニメーターの育成などにも力を入れています。単にテレビだけでなく、映画やDVD、ネット動画などを手掛けていることもあり、仕事を通じてさまざまな経験ができるのも大手の特徴です。
また、待遇面や条件なども中小と比べるとよくなっていることが多いようです。そのため、就職するための競争率も高く、より高い基礎能力やスキルが求められます。

グロス請け(中小アニメーションスタジオ)

一般的な製造業でも大手と中小企業があるように、アニメ制作の世界にも、グロス請けと呼ばれる中小アニメーションスタジオが存在します。一般的テレビアニメーションでは、まず大手の元受け会社が1つのアニメーション放送を担当しますが、例えば週1回の放送となると、月に平均4話分のアニメを制作しなければなりません。その際、一部の制作を下請け企業へ回すことがあります。これがグロス請けと呼ばれるシステムです。
グロス請けの制作会社は大手に比べると規模は小さくなり、アニメも全話ではなく、1話単位で仕事を請け負います。さまざまな元受けから依頼があり、たくさんの種類のアニメを手掛けられるのはグロス請けの特徴です。
グロス請け企業は元受けと比べると会社数も多く、比較的就職しやすい環境と言えます。近年ではグロス請けから元受けに成りあがる企業も多くなってきています。

専門スタジオ

専門スタジオは、アニメーション制作において、個々の各工程を専門に取り扱う会社のことを言います。
アニメーションの中には、単に動画の作成だけでなく、美術、CGや特殊効果、撮影などの要素を盛り込むことになります。アニメーションの1話分を総括して中小アニメ制作会社が請け負いますが、その中の各工程は、それぞれ得意とする専門スタジオへ委託することも多く、専門スタジオはそのような分野を専門に仕事を行います。
CGならCG、美術なら美術など、それぞれに特化したスタジオがあります。グロス請けと同じく大手に比べると企業数も多いので、自分のスキルを活かせるスタジオを目指してみるのもよいでしょう。

フリーランス

どこのアニメーションスタジオやスタジオにも属さず、フリーランスで仕事をすることも可能です。一般的にアニメの制作では、会社内のスタッフ以外に、外部からフリーのアニメーターに依頼して作成することも多く、腕と名声さえあれば、自分で食べていく道も選択肢の1つとしてあります。しかしながら、いきなりフリーランスになっても仕事をもらえることは少なく、最初はアニメーションスタジオで腕を磨き、周りからも一目置かれるような存在になったときに独り立ちを目指すことになります。
頼れるアニメーターになれば、さまざまな会社から依頼を受けられるようになり、仕事探しに苦労することもなくなるでしょう。しかしそこに至るまでには地道な努力が必要ですので、いずれはフリーランスで自由に仕事ができるように頑張ってみてください。

卒業後、どこの就職先を選ぶのが良い?

多くの場合は基本的に大手アニメ制作会社を受けることが多いと思いますが、「大手=自分のしたい仕事」ではないこともあり、まずは自分がどのような仕事をしたいかをよく考えて就職先を選ぶようにしましょう。
アニメーターの世界では、一般的に新人は原画を清書するクリンナップの担当から始まり、慣れてくると中割り動画を任されるようになり、さらに経験を積んで原画や作画監督へとステップアップしていきます。
パソコンを使った3DCG制作や、背景美術や撮影など特殊な作業が得意と感じる方は、専門スタジオへの就職を検討するのもいいでしょう。

このようにアニメーターにはいくつかの就職先がありますが、まずは大手の元受けに就職するつもりで計画を立ててみてはいかがでしょう。一人前のアニメーターになるには、地道な努力と経験が大切です。上記を参考に自分に合った就職先を目指してみてください。

PAGE TOP